クラウドレポーティング研究会

イベント内容

【重要】研究会は、コロナ影響のため全員オンライン参加にて開催致します。会場に来て頂いても開いておりませんので、ご注意ください。

クラウドレポーティング研究会

クラウドレポーティングの普及・発展に対して、参加者全員で実験・発表をし、
学びを深めていく研究会です。
講座やセミナーではありませんので、受け身での参加(知識吸収のみを目的とし、アウトプットをしない方)は、ご遠慮下さい。
一度ご参加頂いても、お仕事のご都合なども含め、受け身の参加になってしまう方は、
参加をお断りする場合がございます。
しっかりと、時間・労力ともにコミットできる方はご応募下さい。
※クラウドレポーティングとは、
 GA・Google 広告などのデータを
 →DWH(Big Queryなど)に一度、API等を活用して取り込み
 →BIツール(GDPなど)にて、分析をしていく
 という一連の流れのことを意味しています。

クラウドレポーティング研究会の概要

2つの活動があります

クラウドレポーティング講座の開発

上記クラウドレポーティングをするのに必要な、
Big Queryの知識、SQLの知識、APIの知識、ツールの知識などを、
一括して学べる講座を開催予定です。
こちらの内容ブラッシュアップや、必要に応じ、関連講座の開発などを行って行きます。

研究会員のメリット

講座の講師と仲良くなれて、勉強も一緒にできます。さらに自分が講師として活躍したり、自身で講座を主催することで収益につなげることができます。

クラウドレポーティング環境のアップデート

新しいツールや、レポートの手法について、研究会員同士でチームを組みながら、
各テーマに沿って研究を行い、発表をしていきます。
研究成果は、各研究会員がクライアントへの提案に使ったり、記事化したり、講座化したりと、
活用していきます。
活動開始当初は、GA4のクラウドレポーティングについて、研究を進めていく予定です。

研究会員のメリット

クラウドレポーティング環境について、実践的な理解が深まるとともに、
他会員のベストプラクティスを学び取ることが出来ます。
結果、クライアントへの提案精度の向上や、ツール活用による時短などが考えられます。

参加対象者

  • ウェブ解析士以上の正会員であること(ウェブ解析士・上級ウェブ解析士・ウェブ解析士マスター)
  • 受け身の参加ではなく、自身も学びながら実験しながら、アウトプットをすることをお約束頂ける方
  • クラウドレポーティング環境の普及に、最前線で加わりたい方

今回は、初回となりますが、
定期的に(月1回程度目安)実施予定です。
定期スケジュール等については、初回参加メンバーの予定を中心に決定致します。
オンラインで参加できます!
(お申込み前にzoom.usにログインしてプラグインを入手してください。)

無料で参加いただけますが、受け身ではなく、積極的な参加が可能な方のみ、お申込みをお願い致します。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント