津島博士のAutomatic Workload Repository(AWR)分析

イベント内容

本イベントはオンライン開催(Zoom)になります。

Oracle Database Technology Night って?

オラクルのユーザーとユーザーが繋がり、データベースの技術や運用にフォーカスしながら、最適な使い方を見出していただく場です。
毎回、各テーマを設け、オラクルの精鋭の技術者陣が、日々のデータベース運用のための最良のTipsや将来のITインフラのアーキテクチャ設計に必要なヒントなど、「明日から現場ですぐに使えるテクニック」をお伝えしています。

申し込み方法

こちらより、お申し込みをお願いします。
URL:https://go.oracle.com/LP=108307

本イベントに関連するご連絡をconnpassからも行わせていただきますので、
「このイベントに申し込む」ボタンをポチッていただきますようご協力をお願いします!


*お申し込み方法に関するお問い合わせは本ページにある「イベントへのお問い合わせ」
もしくは 日本オラクル セミナー事務局 oracle-events2_jp@oracle.comへお願いします。

参加方法

当日のウェビナーはZoomを使用して開催します。
こちら よりお申し込みいただいた後に、登録完了メールがお手元に届きます。
そちらのメールに当日の参加用 URLとPWが掲載されておりますので、ご確認をお願いします。

アジェンダ

Automatic Workload Repository(AWR)の分析

Oracle Databaseの分析に使用するAWRですが、まだ使いこなせていない方も多いと思います。

今回のTech NightではAWRの分析方法をサンプルAWRレポートを使用して解析していきます。
まだ使用したことのない方のために、最初にAWRの概要として簡単な分析方法やバージョンの違いなどについても説明します。

タイムスケジュール

時間 内容
18:30-18:45 (接続開始)
18:45 - オープニング
18:50 - Automatic Workload Repository(AWR)の概要
19:20 - サンプルAWRレポート1を使用した分析
19:50 - 休憩
20:00 - サンプルAWRレポート2を使用した分析
20:30 - Q&A
- 20:40 終了

★タイムスケジュールは当日の状況によって多少前後する場合がございます。
★途中、休憩を挟みます。

過去開催分 資料ダウンロード

Oracle Database Technology Night 過去開催分資料 https://speakerdeck.com/oracle4engineer/

2020年5月開催分までのOracle Database Technology Night 資料ダウンロードはこちら : https://www.oracle.com/jp/database/events-docs/001/

お願い

下記「プライバシーポリシー」をご確認・ご了承いただいた上で、お申し込みの際はお名前等のご記入をお願いします。
ご協力いただけない場合は当日参加をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。

<プライバシーポリシー / 個人情報の取り扱いについて>
https://www.oracle.com/jp/legal/privacy/privacy-policy.html

その他

Twitter ハッシュタグは #oracletechnight です。
弊社製品やサービスを例に説明することもありますが、Product Placementとご理解ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント