DXにおける人材定義のあり方ー変革活動を推進する人材・チームをどう育成するかー

イベント内容

DXを推進するカギは人にあり

■ DXの目的は3つ

企業におけるDXの目的は以下の3つに集約することができます。

  • 顧客視点の獲得
  • 市場変化への迅速な対応能力の獲得
  • 新規デジタルビジネスの創出

これらの目的を達成するためにどのような活動が必要になるでしょうか?

■ 専門性を持ち、活動に伴走でき、変革を推進する人材の育成

DXプロジェクトは、ビジネスとITの観点を合わせて考える必要があり、多数の専門性が必要です。
単一のプロジェクトで成果を生むだけでなく、活動を組織に広めていくことも重要になります。社員の育成や、既存業務との兼ね合いを考慮しながら推進していかなければならないでしょう。自身の専門性だけに固執することなく、DXに係る活動に伴走できることが、DXの変革には求められるのです。
また、DXプロジェクトに関わるあらゆる役割間で断絶が発生します。DXでは、多数の役割の間を橋渡しし双方向で歩み寄りプロジェクトを推進することが求められるのです。

■ XE CriteriaでDXを推進する人材の知識・スキルを策定

弊社では、DXを推進する人材・チームを育成するための体系化されたガイドラインを策定しています。それがXE Criteriaです。
XE Criteriaの「XE」とは、トランスフォーメーション・エンジニアの略称で、以下のようなスキルを持った人材をXEと呼んでいます。

  • 自社業務に合う技術を選ぶことができる
  • 自社の組織文化に合うあり方を探索し、変革を推進し続けることができる

■ XE Criteriaの概要

既に国内に存在している「DX推進指標(経済産業省)」および「DX Criteria(日本CTO協会)」を参考に、私たちの知見を加えて整備しているものです。その狙いは、経営人材からミドルマネージャー、現場でのプロジェクト推進者、ひとりひとりのメンバーまで、共通の言語を獲得し、事業戦略と現場活動の一致を高めるところにあります。

PR TIMESでのアンケート調査

本イベントでXE Criteriaの概要を説明

今回のイベントでは、XE Criteriaを活用した人材育成サービスの目的やメリット、進め方を説明します。
現場のリアルな課題、モヤモヤと言語化しにくい問題、初動の一歩が見えない問題などがあって当然です。質疑応答の時間では、各社の課題や状況に合わせた施策やカスタマイズなどに関して、どう実施していくべきかをご回答いたします。
この機会に是非ご相談ください。

  • スキルマップでXE Criteria診断

  • チャートで育成方針検討

XE Criteriaを実施してみたい会社を募集

今回のイベントを通じて、XE Criteriaを試してみたい会社を募集します。

本イベントの内容

  1. DX時代の人材育成の意義とは(市谷 聡啓さん)
  2. XE Criteriaの紹介(諏訪 真一さん)
  3. XE Criteriaの実践報告(安西 剛さん)
  4. 人材育成サービス(XE Journey Starter pack)の紹介(新井 剛さん)
  5. 質疑応答 相談やQ&A(市谷さん・諏訪さん・安西さん・新井さん)

対象

  • DXの必要性を感じているが、何をすれば良いかわからない方
  • DX推進をこれから担う方
  • DX推進が思うように進んでいない方
  • DX推進人材の育成を担当されている方

話し手

市谷 聡啓 ( @papanda )

<プロフィール>
株式会社レッドジャーニー 代表
政府CIO補佐官
DevLOVE オーガナイザー
サービスや事業についてのアイデア段階の構想から、コンセプトを練り上げていく仮説検証とアジャイル開発の運営について経験が厚い。プログラマーからキャリアをスタートし、SIerでのプロジェクトマネジメント、大規模インターネットサービスのプロデューサー、アジャイル開発の実践を経て、ギルドワークスを立ち上げる。それぞれの局面から得られた実践知で、ソフトウェアの共創に辿り着くべく越境し続けている。訳書に「リーン開発の現場」がある。著書に「カイゼン・ジャーニー」「正しいものを正しくつくる」「チーム・ジャーニー」「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」がある。

諏訪 真一 ( @suwa_sh )

<プロフィール>
REDアライアンスメンバー
プロセスのデザイナー兼エンジニア
組織がより楽で安全に、より早く多くの価値を提供できるように、文化とプロセス、プロダクトの側面から支援。
レストランのウェイター、フロント / バック / インフラ / フレームワークなどのエンジニアリング、新規事業立ち上げ、研修講師、小規模なSIerの立ち上げ、営業、経理、人事、コンサルタント、PO代行、アーキテクト、技術顧問などを経験。

xOps、プロセスマイニング、イネーブルメントの領域に携わることが多い。

安西 剛 ( @tsuyok )

<プロフィール>
REDアライアンスメンバー
アジャイル・スクラムによる新規サービス開発や100人規模の開発組織改革、人事部長として採用や人事制度構築、VPoEとして開発組織運営、マネージャー育成など、メーカー系大企業、ユーザ企業、上場ベンチャー、10人前後のベンチャーと、様々な規模の組織でサービス開発や開発組織づくりを経験した。
現在、それらの経験を活かしてチームの学び、エンジニアの学び、マネージャーの学びに向き合い、ドメイン駆動設計で学びのプロダクト開発をする傍ら、開発組織づくり支援やマネージャー育成コーチングを行っている。

新井 剛 ( @araratakeshi )

<プロフィール>
株式会社レッドジャーニー 取締役COO
株式会社ヴァル研究所 アジャイル・カイゼンアドバイザー
Javaコンポーネントのプロダクトマネージャー、緊急地震速報アプリケーション開発、駅すぱあとミドルエンジン開発などを経て、現在は組織をマネジメントしながら、アジャイルコーチ、カイゼンコーチ、ファシリテーター、ワークショップ等で組織開発・見える化・カイゼン・自働化文化を展開中。
Codezine Academy ScrumBootCamp Premium、機能するチームを作るためのカイゼン・ジャーニー、今からはじめるDX時代のアジャイル超入門 講師
CSP(認定スクラムプロフェッショナル)、CSM(認定スクラムマスター)、CSPO(認定プロダクトオーナー)
著書「カイゼン・ジャーニー」、「ここはウォーターフォール市、アジャイル町」、「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」、「WEB+DB PRESS Vol.111 見える化大作戦特集

主催

株式会社レッドジャーニー

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント