Open QA4AI Conference 2021

イベント内容

Open QA4AI Conference

開催主旨

機械学習をはじめとするAI技術は進化しながら普及の一途を辿り、様々な産業の競争力の源泉となるだけでなく、既存の産業構造を破壊・変革し、新たな産業を創出しています。しかし、従来型のハードウェアやソフトウェア、サービスなどに比べ、品質の把握、評価、説明、管理など品質保証技術の確立が進んでおらずAI搭載システムの品質が社会に及ぼす影響も懸念されています。

本カンファレンスでは、AI搭載システムの品質に関するさまざまな検討を推進している国内6団体が一堂に会し、それぞれの成果をご紹介するとともに、今後のAI搭載システムの品質保証のあり方について議論します。

日時・場所

2021年6月18日(金) 13:00~17:20
オンライン

プログラム

オープニング

13:00-13:10 オープニング

セッション1

13:10-13:50
「AIプロダクト品質保証ガイドライン」の改訂について(仮)
AIプロダクト品質保証コンソーシアム
西 康晴(電気通信大学) 中江 俊博(デンソー)

13:50-14:30
機械学習品質マネジメントガイドライン策定と標準化の取り組み
AI品質マネジメント検討委員会 (産総研)

セッション2

14:40-15:20
「AIのtrustworthinessの標準化状況 - バイアスを中心に」
ISO/IEC JTC1/SC42/WG3
江川 尚志(産業総合技術研究所 イノベーション推進本部 標準化推進センター)

15:20-16:00
機械学習を信頼性・安全性が要求されるシステムに搭載するためのアプローチと課題(仮)
宇宙航空研究開発機構
石濱 直樹

セッション3

16:10-16:50 自律的自動運転の実現を支える人工知能搭載システムの安全性立証技術の研究開発 ~最新状況報告~
SEAMS Project
森川 聡久(ヴィッツ)

16:50-17:05
"Engineerable AI" に向けた取り組みの紹介(仮)
国立情報学研究所
石川 冬樹

クロージング

17:05-17:20 クロージング、告知等

(当日の進行により変更になる場合があります)

共催

  • AIプロダクト品質保証コンソーシアム (略称:QA4AI)
  • 宇宙航空研究開発機構 (略称:JAXA)(予定)
  • JST未来社会創造事業 機械学習を用いたシステムの高品質化・実用化を加速する"Engineerable AI"技術の開発 (eAI)(予定)

協賛

  • 日本ソフトウェア科学会 機械学習工学研究会 (略称:MLSE)(予定)

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント