Perforce on Tour 2021 in Japan

イベント内容

◆開催概要◆

あらゆるビジネスシーンにおいて、顧客ニーズや価値観の多様化が急速に進んでいます。これは企業にとって、多様化を常に意識しそれらに応える製品やサービスをいち早く市場に投入することあるいは投入し続けなくてはならないこと、を意味しています。                                                 従って、ソフトウェア開発現場も常に効率的かつ効果的なモノづくりを意識し、それを実現できる開発環境やプロセスへの見直しならびに効果的な開発ツールの利活用を検討することが、喫緊の課題となっているのが実情ではないでしょうか。   本イベントは、このような皆様がお持ちのお悩み・課題を解決し、開発現場の業務効率・生産性を最大限に引き出すPerforce Software社の最新ソリューションと今後の製品戦略についてご紹介いたします。                                                                  ご参加をお待ちしています!

★お申込みはこちらから→http://perforce2021.com/3bkpu6L

◆セッション&タイムスケジュール◆

(1)14:00 ~ 14:20「Perforce Software社の紹介と今後の戦略」

Perforce Software社 グローバル・セールスVP Philip O’Hara氏

(2)14:25 ~ 15:05「バージョン管理ベストプラクティス」

株式会社東陽テクニカ ソフトウェア・ソリューション 課長 岩崎 健太郎

健全性、安全性を確保しながらソフトウェア開発を行う上でバージョン管理システム(VCS)は必要なツールです。 VCSの必要性に疑問を持つ人は少ないと思いますが、人によって感じるメリットは異なると思います。このセッションでは、その様々なメリットを改めて確認したうえで、Helix Coreではどのようなメリットを提供できるのかについてお話したいと思います。

(3)15:10 ~ 15:50「Methodics IPLMを使用したコンポーネントベースの設計管理」

イノテック株式会社 主任技師 シンガワーラ ラージェシュクマール氏

ソフトウェア開発において、ファイルのリビジョンと変更をトレースすることは重要です。しかし、ソフトウェア開発プロジェクトの大規模化と複雑化が急速に進む中、コンポーネント毎に変更を管理するための効率的な方法が必要となってきています。ソフトウェア開発チームは、変更に加えてプロジェクト内のすべてのコンポーネントの依存関係、アクセス許可、階層、および使用状況もトレースする必要があります。本セッションでは、ソフトウェア開発フローを改善し、これらの複雑な課題への対応を支援する、Methodics IPLMプラットフォームをご紹介します。

(4)16:00 ~ 16:40「Azure×ゲーム開発環境 お客様事例紹介」

日本マイクロソフト株式会社

(5)16:45 ~ 17:25「Webアプリテストの自動化について(仮題)」

Perforce Software社 シニア・ソリューション・エンジニア Julius Mong氏

(6)17:30 ~ 18:10「効率的&柔軟なプロジェクト管理の実現方法(仮題)」

Perforce Software社 シニア・コンサルタント Johan Karlsson氏

概要

主催:株式会社東陽テクニカ、Perforce Software, Inc.

定員:500名(無料・要事前申込)

協力:イノテック株式会社、一般社団法人ビジネス&パブリックアフェアーズ

セミナー形式:「Zoom」によるライブ配信

参加費

無料(要事前予約)

お申込みはこちらから→http://perforce2021.com/3bkpu6L

注意事項

※同業他社の方のご参加はご遠慮ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント