ハンズオン: kube-scheduler-simulatorを完全に理解して、PRを投げてみよう!

イベント内容

kube-scheduler-simulatorの概要を学び、PRを実際に作ってみよう

Kubernetesの公式のOrgであるKubernetes SIGsには、kubernetes-sigs/kube-scheduler-simulatorという比較的新しいリポジトリが存在します。

これは、その名の通り、Kubernetesのスケジュールを担当しているコンポーネントである、kube-schedulerをシミュレートできるものです。

が!しかし!現在contributerが圧倒的に足りておりません!!!!これはまずい!!!!!!

ということで、これは参加者の「kube-scheduler-simulatorの開発に参加する第一歩」となることを目指したイベントです。

このイベントでは、kube-scheduler-simulatorを題材に

  • このkube-scheduler-simulatorとはなんぞや
  • (そもそもkube-schedulerとはなんぞや)
  • 内部実装はどうなってるんや

ということをkube-scheduler-simulatorのメンテナである @sanpo_shihoから学びます。

そして、その後、kube-scheduler-simulatorに対して、 @sanpo_shihoやZoom枠の人でサポートや議論をしつつ、実際にPRを作成します。

最終的に"手を動かす役の人(後述)"がPRを作成することを目標とし、Zoom枠の人で議論をしながら開発を進めていきます。

この辺りのIssueを対象としたPRを作成する予定です(変更になる場合があります。)

このイベントは @sanpo_shihoが一人で行うイベントであり、イベントアイキャッチからも分かる通り、かなり緩く行います。お気軽にご参加ください。

こんな人におすすめ

  • Kubernetes scheduler 自体や kube-scheduler-simulator に興味がある。勉強してみたい。
  • kube-scheduler-simulatorの内部実装や仕組みに興味がある。勉強してみたい。
  • Kubernetes 関連のプロジェクトにコントリビュートしてみたい。
  • @sanpo_shihoと仲良くなりたい。

参加者枠について

Zoom参加枠

Zoomにおける参加枠です。基本的に当イベントはZoomに参加している人の理解を目指します。この枠の人は直接@sanpo_shihoに質問することができます。実装の解説等はかなり複雑で、多く質問が出てくることを前提としているので、気軽に話を止めてください。

配信に声が載ります。また、アーカイブを残す可能性があります。ご了承くださいmm

(カメラはOFFで大丈夫です。)

”手を動かす人”に関して

当日はこのZoom参加枠のうち、ひとりに手を動かし、実際のPRを作成して頂きます。(画面共有をしてもらい、@sanposhihoを含めてみんなで実装をサポートする形で行う予定です)

参加のアンケートに「"手を動かす人"に立候補するかどうか」の欄を設けます。Zoom枠が抽選となった場合、このアンケートに「はい」と答えた人を優先的に抽選を行います。

手を動かす人に立候補する方は後述の「対象レベル(”手を動かす人”に立候補する人)」を必ずご確認ください。

メンテナのサポートを受けつつ、kube-scheduler-simulatorに一つコントリビュートを積めるという「このイベントで一番得をする人」なので、対象レベルを満たす人は気負わずに気軽にポチッと立候補してください!

配信枠

YouTubeでの配信を予定しております。

このイベントはあくまでZoom枠で参加している人を優先するため、YouTube配信の質問には答える余裕がない可能性があります。mm

質問はYouTubeのコメントで募集します。

対象レベル

対象レベル(”手を動かす人”に立候補する人)

特性上、”手を動かす人”に立候補する人にのみ、技術的な制限をかけさせて頂きます。

  • Goを不自由なく書くことができる。
  • Kubernetesの基本的な知識がある。

後者の「Kubernetesの基本的な知識がある」というのは

  • 基本的なリソースの種類を知っている
  • 基本的なKubernetesのコンポーネントの概要(ref)を知っている
  • Kubernetes を実際に触ったことがある(サービスでのKubernetes経験までは求めていません。minikubeなどで大丈夫です)

とします。@sanposhihoもKubernetes全然わからないので、これらだけ満たしていれば本当に大丈夫です。

対象レベル(Zoom枠の人)

  • Goをなんとなく読み取れる

何となく読めれば良いです。書ける必要はありません。

  • Kubernetesをなんとなく知っている

具体的には、「Kubernetesがコンテナをいい感じにしてくれる君であることは知っている。」「基本的なリソースの種類はなんとなく知ってる。」くらいで大丈夫です。 Kubernetes Schedulerに関しても説明するので、知らなくて大丈夫です。

対象レベル(配信枠の人)

当日は上記の「対象レベル(Zoom枠の人)」レベルを対象とした説明を行います。しかし、配信枠に関しては、この対象から外れている人も参加登録していただいて構いません。

タイムテーブル

時間 スケジュール内容
19:00~20:00 kube-schedulerとは & kube-scheduler-simulatorとは
20:00~20:30 kube-scheduler-simulatorの内部実装を解説
20:30〜22:00(予定) 実際にみんなでワイワイPRを作る

「PRを実際に作る」の部分に関しては、時間が読めないので、イベントの終了が、遅れたり、逆に早まったりする可能性があります。

講師

中田 健誠 (@sanposhiho)

kubernetes-sigs/kube-scheduler-simulatorを作った人であり、メンテナ。普段は趣味でKubernetesのスケジューラーなどの開発に参加しています。

member of Kubernetes / Kubernetes SIGs

関連リンク

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。