【無料:オンライン】文系のための統計超入門セミナー

イベント内容

概要

★授業風景を、こちら(動画)からご覧いただけます!

私たちは日々の生活を送りながら、実はデータを分析していろいろなことを比較し判断しています。

「東京のホテルの宿泊費ってだいたい何円くらい?」、「AとBのどちらを選べば良い結果が出るのか?」など、生活のなかには統計の考え方がたくさん隠されています。

近年はコンピューターの普及により、誰でも簡単に大量のデータを集められるようになりました。

その大量のデータの活用法として、統計への注目度が大変大きくなっています。

企業や研究機関でのデータ分析のニーズも高まっていますが、一方で、数学用語や数式の意味が理解できず、統計に漠然とした苦手意識を持っている方も少なくないのが実情です。

本セミナーでは、統計の全体像をつかみ、ビジネスでどのように統計が使われているのかを学びます。

統計の代表的な手法である「記述統計/確率/推定/ランダムサンプル/検定/多変量解析」などについて、企業での実用例を交えながら実務での統計の使い方がイメージできるよう説明します。

実際の企業での活用事例を通してデータ分析の手法を理解することで、統計の活用方法を実感できます。

仕事や試験で突然統計が必要になった方も、趣味として統計を学んでみたい方も大歓迎です。

あなたの統計学習のきっかけをお手伝いします!

本セミナーは別日にも開催しております。

スケジュールが合わない場合は弊社Webページから他日程をご確認ください。

セミナー内容

・統計学の歴史・分類・応用例

・統計学を使ったデータ分析の手順(平均・中央値・標準偏差)

・データを要約する方法と可視化

・統計学でできること、できないこと

・統計についての考え

・統計の勉強方法

・もっと統計をわかるための数学的知識は何か

・統計、こんな場面で使える事例集

・自宅での学習方法 など

※カリキュラム内容は進捗等によって変更されることがあります。

受講対象

・文系や数学に苦手意識のある方

・統計的な考え方がどんなものか知りたい

・統計を使って何かをしてみたいけれど、方法がわからない

・統計の何が仕事に活用できるのかわからない

・統計初心者にも効率の良い勉強方法が知りたい

・統計に興味があるけれど、内容がイメージできない

・統計を使う予定はないが、なんとなく気になる など

担当講師

岡本 健太郎

数理学博士(九州大学)。

ドイツのチュービンゲン大学で研究員として滞在。

帰国後は日本学術振興会の特別研究員として様々な分野の研究者との交流を深め、血管の数理モデルの構築など、純粋数学から応用数学にかけて研究を行う。

また「数学」を使ったアート活動を通して、数学の有用性だけでなく美しさや魅力について積極的に発信。

<所属学会>

日本数学会、日本アクチュアリー会

ご参加にあたって(必ずご確認ください)

■開催当日は、以下の手順でご入場いただけます。

・該当の「イベント詳細ページ」を開いてください

・「参加者への情報」にオンライン会場URLを記載しております

■開場は開催の約15分前となります。それ以前のご入場はお控え下さい。

■開催当日の電話対応はできかねます。お問合せはメール、もしくはお問合せフォームよりお願い致します。

■iPad等タブレットの使用は一部機能が制限される場合がございます。パソコン端末でのご参加を推奨いたします。

zoomを用いてセミナーを行いますので、ブラウザが利用できるPCやタブレットなどの環境をご用意ください。

■個人情報の取り扱いについて

和から株式会社では、お申込みにて提供いただいた利用目的は次のとおりです。

・お申し込み手続きの実施

・講座等の実施

・お客様との事務連絡

・各種のご案内(メールや電話によるセミナーのご案内など)

※詳しくはこちら(https://wakara.co.jp/privacy)をご参照ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。