Pioneer Developers Talk #1

イベント内容

概要

音響機器・映像機器から始まり、カーナビなど車載機器へと事業の柱をシフトさせてきたパイオニアは
長年にわたってモビリティデータや映像データ、
ボイスデザイン(音声のUI・UX)に関するデータを蓄積してきました。

Pioneer Developers Talkでは「未来の移動体験を創ります」という企業ビジョンのもと、
モビリティ領域における“モノ(ハード)×コト(サービス)”の価値提供をするために
オートモーティブSaaS企業への変革を実現した内部技術について公開。

#1では『音声認識』『ロケーションベースドサービス(LBS)』にフォーカスします。

これまでも車載機器には音声・ナビ機能はありましたが、
それはドライバーが求めたときに発信され・状況に関わらず情報発信されるプル型機能でした。
(分かりやすいところで言うと、スマートスピーカーが同様の性質を持っています)

最新の音声認識・LBSの技術では、走行場所からドライバーの状況を把握し、プッシュ型で情報が発信されます。
さらにボイスデザインフィロソフィーを内部で掲げているパイオニアでは『音声発信のUI・UX』を科学し
文章の作り方・言葉の選び方など、ドライバーが心地よい運転体験ができることを追求しています。

今回のイベントではパイオニアが向き合っている音声認識・LBSの最先端の技術についてお話します。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:05 オープニング
19:05〜19:20 未来の移動をより安全で快適、スマートなものへ / モビリティ領域におけるソリューション開発
Piomatixコアテクノロジー統括グループ 統括部長
村田 利幸

パイオニアは、1938年の創業より培ってきた確かな「モノづくり力」を礎に、 “モノ×コト”へのトランスフォーメーションを加速させ、モビリティデータを活用したソリューションサービス企業へ変革していきます。「モビリティ領域におけるソリューション開発」、「モノづくり」、「企業基盤」、この3つのキーワードでパイオニアの強みを紹介します。
ドライバーに安全で快適なサービスを提供する技術基盤「Piomatix」。 複数のAIテクノロジーと音声インターフェースの組み合わせにより、常に新しく、多彩なサービスをつくり続けるパイオニアが独自に開発したオープンなプラットフォームを活用しています。今回の登壇では、「Piomatix」のビジョンと開発事例についてご紹介します。
19:20〜19:40 クルマの移動体験を変える音声インターフェース開発
Piomatixソリューション統括グループ デジタルソリューション開発部 部長
菅原 啓太郎

クルマがインターネットにつながり、様々なサービスを運転中のドライバーに提供できるようになります。ドライバーとサービスとのインターフェースを音声にすることで、画面への視線移動や操作から開放し、ストレスフリーなドライブ環境を提供します。パイオニアが得意とするサウンド技術に加え、AI自然言語処理や会話設計が重要となります。 本プレゼンでは、パイオニアの音声インターフェースが新しい移動体験を提供する実例や、今後の展望をご紹介します。
19:40〜20:00 固まっていた常識を変えるプロダクト開発のポイント-音声だけのカーナビはどのように開発されたのか-
Piomatixコアテクノロジー統括グループ LBS開発部 部長
廣瀬 智博

カーナビが登場してから30年以上が経ちました。最初にナビゲーションが目的地まで案内し始めてから現在まで、画面に地図や矢印、曲がる地点までの距離が表示されるものが続いてきましたが、パイオニアはそれらの表示を行うディスプレイを使わずとも音声だけで目的地まで案内することができるスマート音声ナビを2022年にNP1という製品で搭載しました。 従来から常識的にずっと続いてきたものを変えて打ち破るような開発はどのように行われたのか、実例をもとにご紹介します。
20:00~20:25 Q&A
20:25~20:30 クロージング

※ 当日予告なく時間配分、内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

村田 利幸
パイオニア株式会社
SaaSテクノロジーセンター
Piomatixコアテクノロジー統括グループ
統括部長

カーオーディオ開発やナビ関連の開発を経験、その中ではスマートループの立ち上げなどやスマートフォン連携、など時代を先駆けたサービス・機能の開発に従事。現在は、パイオニア共通プラットフォームのコアテクノロジー全般の開発推進を行なっている。

菅原 啓太郎
パイオニア株式会社
SaaSテクノロジーセンター
Piomatixソリューション統括グループ
デジタルソリューション開発部 部長

カーオーディオのサウンドエンジニアを経験した後、カーシステムとスマートフォン・クラウドを連携した数々のサービス企画を担当。現在は、パイオニア全社共通の技術プラットフォームの音声・データ戦略をリードしビジネス推進を行なっている。

廣瀬 智博
パイオニア株式会社
SaaSテクノロジーセンター
Piomatixコアテクノロジー統括グループ
LBS開発部 部長

カーナビのソフト開発一筋20年。世界初の通信型カーナビAirNaviの探索サーバーの開発やAR案内を用いたサイバーナビの開発など時代を先駆けたカーナビソフトの開発を行っている。現在はカーナビソフト部門の開発責任者を担当。

参加対象

・ソフトウェアエンジニア
・データサイエンティスト
・データエンジニア
・クラウドエンジニア
・インフラエンジニア
・PdM
・PM
・iOS/Androidエンジニア
・Flutterエンジニア
・音声認識、音声対話のエンジニア..etc

参加費

無料

参加方法

・Zoomウェビナーでの配信を予定しています。
・イベント参加用URLについては、参加申込者のみに表示される当ページ上の「参加者への情報」エリアをご確認ください。

参加にあたっての注意事項

・参加を辞退する場合は、申込のキャンセルをお願い致します。
・配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。