CEXとDEXの違い

2022/11/16(水)19:30 〜 21:00 開催
ブックマーク

イベント内容

話題の上場前審査撤廃にも言及か!?

【概要】

世界的にトークン上場は爆発的に増えており、日々多くのニュースリリースを目にします。最近では日本でもAstar NetworkがBitbankで上場するなど日本も少しずつ盛り上がりを見せています。

CEX(中央集権取引所)とDEX(分散型取引所)それぞれの強みや弱みを解説するとともに、今後どのように進化していくのか、暗号資産取引所の代表格でもあるコインチェック株式会社の竹ヶ原氏をお招きして議論して行きます。

【コンテンツ】 ・CEXとDEXについての解説 ・事例解説 ・CEXから見たDEXは? ・DEXの将来に関して

▼こんな方におすすめ▼ ・WEB3.0に興味がある方 ・トークンに関して興味があり知りたい方 ・CEXとDEXというワードは知っているがよくわからない

登壇者

竹ヶ原 圭吾 コインチェック株式会社 常務執行役員

2012年11月 大学在学中に公認会計士試験2次試験に合格。大学卒業後、有限責任監査法人トーマツに入社。幅広い業種の監査及び上場支援業務、財務DD等の関連業務に従事。その後、2018年11月にコインチェック株式会社入社。経理財務部門の責任者として、暗号資産交換業という新たな事業分野における会計の要件定義や内部統制構築等に加え、財務会計・管理会計・税務業務に従事する。その他、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)において、税制検討部会の副部会長を勤め、暗号資産に関連する自主規制の各種ルールメイキングにも関与する。2020年9月に執行役員、2022年6月に常務執行役員に就任。

水岡 駿 株式会社UPBOND 代表取締役

東京都出身。高校卒業後、アメリカの大学に進学(2009年)。その後中国に渡り起業(2011年)、2社会社を立ち上げたのち、その後帰国。得意分野は、デジタルマーケティング、システム開発の受託事業。2017年、D2CブランドUNDONE JAPAN (カスタマイズウォッチブランド)の共同創業。拠点を日本へ。ブロックチェーン企業のCTO兼主要投資家等、テック系スタートアップで複数の事業を手掛け、多くの要職を歴任する。2019年、UPBONDを設立。日本発のグローバルカンパニーを目指す。

水地 一彰 公認会計士 DAO研究家

少しだけweb3に詳しい公認会計士としてスタートアップを支援中。これまでは、大手監査法人にてスタートアップの上場支援業務を実施。経済産業省出向時にはベンチャースタートアップ支援政策に従事。ストックオプション税制改正、J-Startupなどを担当。DAO研究家。

参加対象 どなたでもご参加いただきます

参加費 無料

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

関連するイベント