「実践Redis入門」読書会40

2024/03/01(金)20:30 〜 22:00 開催
ブックマーク

イベント内容

Redis本の「実践Redis入門 技術の仕組みから現場の活用まで」の読書会です!!
参加者で順番に読んでいきましょう
本は各々でご購入しておいてください
Redis全然わからない人から詳しい人まで誰でも大歓迎です

ドタキャンや途中入退出は自由です。無言で抜けても問題ないので気軽にやりましょう
入門者向けの会ですので、質問等はどんどんしてください
答えられる人がいるかは謎です

日付 進捗
04/28 P.1~
05/05 P.31(物理P.11)~ Column ACID特性
05/12 P.54(物理P.23)~ 2章
05/19 P.72(物理P.36)~ コラム そのほかのString・・・
05/26 P.83(物理P.44)~ LLENから・・・
06/02 P.99(物理P.55)~ 2.5 Set型から・・・
06/09 P.112(物理P.65)~ 2.6.2 Sorted Set型のコマンドから・・・
06/23 P.131(物理P.78)~ 2.7.2 地理空間インデックスから・・・
06/30 P.146(物理P.89)~ 2.7.3 Sharded Pub/Sub機能から・・・
07/07 P.168(物理P.105)~ 2.7.3 XACK Consumer Group内でから・・・
07/14 P.181(物理P.115)~ 2.7.6 PEXPIREキーにTTL(ミリ秒)を設定から ・・・
07/21 P.202(物理P.125)~ 3.1.1 パイプラインの実行例1個目終わったところから ・・・
07/28 P.305/1016(物理P.132)~ 3.2.1 SCRIPT FLUSH の実行例ところから ・・・
08/04 P.222(物理P.139)~ 3.2.2 FUNCTION LOAD "#!lua name=mylib...から ・・・
08/25 P.???(物理P.149)~ 3.4 モジュールから ・・・
09/01 P.241(物理P.152)~ 3.4 ColumnからだけどそのまえのMODULE LOADエラー解消できてない ・・・
09/08 P.259(物理P.164)~ 4.2.2~だけど 4.2.1の実行がまだできてないのでそこから ・・・
09/15 P.269(物理P.170~)~ 4.2.3 Slimアプリケーションを実装します。の次から ・・・
09/22 P.269(物理P.170~)~ 4.2.3 index.phpは以下の内容で作成します。 ・・・
09/29 P.277(物理P.176~)~ 4.3.1
10/06 P.295(物理P.189~)~ リスト4.21のちょっと前の mkdir staticから
10/13 P.313(物理P.201~)~ 5.1途中のAOFのしくみから
10/20 P.339(物理P.221~)~ 5.3.5 リトライ処理から
10/27 P.350(物理P.230~)~ 表5.8 から
11/03 P.367(物理P.244~)~ 許可されていない書き込みコマンドを実行すると、 から
11/10 P.370(物理P.245~)~ ACL機能関連のコマンド から
11/17 P.393(物理P.257~)~ 6章から
11/24 P.420(物理P.277~)~ 6.2章から
12/01 P.432(物理P.285~)~ 6.3章から
12/08 P.455(物理P.302~)~ 7.4章から
12/15 P.459(物理P.307~)~ 7.5章 レプリケーションの導入方法 から
12/22 P.459(物理P.307~)~ 7.5章 レプリケーションの導入方法 から ※replica動かないので頑張る
12/29 P.459(物理P.307~)~ 7.5章 レプリケーションの導入方法 から ※注釈①
01/12 P.468(物理P.311~)~ その後、ダウンした状態からの復旧を想定して主導でレプリカをマスターへ昇格させます
あけおめことよろ
01/19 P.487(物理P.325~)~ 8.3章 Redisクラスターのキーワード
01/26 P.495(物理P.331~)~ 8.5章 Redisクラスター関連のコマンド
02/02 P.505(物理P.338~)~ redis-cli --cluster createコマンドは、からだけど前のコマンド動いてないので動かす
02/09 P.564~ 10章 クラウドで利用するRedis
02/23 P.602~ 11章 Redisの構造を知る
03/01 P.614~ 11.1.3 ae


注釈①レプリカ設定はこのGitHubファイルをダウンロードしてそのまま使う https://github.com/PracticeRedis/redisbook/tree/main/chapter7


※呼びかけても応答がない方はこちらで退出処理をする場合があります。

サンプルコード

https://github.com/PracticeRedis/redisbook

参考

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

関連するイベント