RDS for Db2 はじめの一歩・HA(高可用性)編

2024/07/12(金)12:10 〜 12:40 開催
ブックマーク

イベント内容

本セッションの内容

『RDS for Db2 はじめの一歩・HA(高可用性)編』

AWSのRDSとしてDb2が利用可能になっています。
『RDS for Db2 はじめの一歩』2回目の今回は、RDBMSに欠かせないHAの仕組みについて説明します。

RDS for Db2はフルマネージド・サービスであるため、HAの仕組みもビルトインされています。
実際にご覧いただきながら、どのような仕組みになっているのかを30分で説明、実演します。

【内容】

  1. 前回 Slidoアンケートのご質問より

  2. RDS for Db2のHAの仕組み

  3. 実際に見てみよう

注)内容は変更の可能性があります


【参考情報】
『RDS for Db2 はじめの一歩』#1の資料と録画はこちらです
RDS for Db2 はじめの一歩・作り方編



講師からのおねがい:

  • セミナー終了後は、アンケート入力にご協力よろしくお願いいたします。

参加方法

オンライン・イベント参加のURLは申込後に表示される [参加者への情報] 欄に公開いたします。

IBM Database Dojoシリーズについて

テクノロジーを語るうえで欠かせない存在であるデータとそれを蓄積して管理するデータマネジメントの領域において、IBMは年々自社のテクノロジー開発を進めるだけでなくオープンソースやパートナー様との協業によるエコシステムを確立し、社会のDX貢献に向けて活動を行っています。本Dojoシリーズでは、IBMのフラッグシップ製品であるDb2を中核とし、デモやハンズオンを通じてデータ活用やデータインフラの最新テクノロジーを皆さんに少しでもわかりやすくお伝えしていきます!

日本IBM Db2& Databaseユーザーグループ

以下のURLからぜひご登録ください

講師

平野 真弓

日本アイ・ビー・エム株式会社
Data and AI

西戸 京子

日本アイ・ビー・エム株式会社
Data and AI

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
情報提供元ページ(connpass)へ

新規会員登録

このイベントに申し込むには会員登録が必要です。
アカウント登録済みの方はログインしてください。



※ ソーシャルアカウントで登録するとログインが簡単に行えます。

※ 連携したソーシャルアカウントは、会員登録完了後にいつでも変更できます。

関連するイベント