【レポート】ディープラーニングを応用した画像生成(GAN)のしくみ

イベント
2019/12/11開催「ディープラーニングを応用した画像生成(GAN)のしくみ」のレポート
【レポート】ディープラーニングを応用した画像生成(GAN)のしくみ

ディープラーニングで画像を生成

12/11(水)、テックスでGANについて学ぶハンズオンセミナーを実施しました。 Alt text GANはディープラーニングを応用して画像生成を行う仕組み。 ディープラーニングは画像認識によく使われますが、 自身が「本物」と認識する画像を自身が生成するイメージです。 (「鑑定士」と「贋作職人」を競わせると喩えられていました)

セミナーではいくつかの派生GANのうち主にDCGAN(Deep Convolutional Generative Adversarial Networks)のコードを用いてハンズオンを行いました。(その後StyleGANも)

環境としてはAnaconda上にTensorFlowとKeras、あといくつかのライブラリを。

高まる注目

ディープラーニングが生成した画像を提供するフォトストックサービスも登場し始めたり、ディープフェイクと呼ばれる偽画像が世間を騒がせたり、良くも悪くも注目は高まっています。

今回のGANセミナー、前回開催時は「判別根拠の可視化」とセットにしていたのですが、どちらも注目が高まってひとつの講座に収まらなくなってしまった結果、それぞれ独立させました。

特に判別根拠の可視化については、AIサービスの実用化が進むにつれアカウンタビリティ(説明責任)の観点からも需要が高まっているようです。

その判別根拠の可視化についてのセミナーは、1/15(水)に開催しますので、受講をご検討いただければ幸いです。

関連するイベント

おすすめのコラム

進化するSIerの最前線!電通国際情報サービス(ISID)が先端技術の活用事例を紹介【AI編】

イベント

進化するSIerの最前線!電通国際情報サービス(ISID)が先端技術の活用事例を紹介【AI編】 「HUMANOLOGY for the f...

進化するSIerの最前線!電通国際情報サービス(ISID)が先端技術の活用事例を紹介【AI編】

超人的なニューラルネットの学習方法を把握しよう!─仙台市が主催した「ディープラーニング基礎講座」イベントレポート

イベント

仙台市の主催で「ディープラーニング」の基礎講座イベント開催 仙台市が取り組む先端技術による新事業の創出や先端...

超人的なニューラルネットの学習方法を把握しよう!─仙台市が主催した「ディープラーニング基礎講座」イベントレポート