TOP

【\(^o^)/ 増席決定】いま、なぜモデルベースの開発なのか

イベント内容

特別共催セミナー

「いま、なぜモデルベースの開発なのか」
~モデルの真の価値を理解しよう!~


【会場】東京 【日時】2015年9月3日(木)13:30~17:00
【場所】住友電工情報システム株式会社東京支社(赤坂見附)
会場の地図


セッション-1 13:35~14:35
【タイトル】「コンポーネントモデリングとアジャイルプロセスによるクラウド、コンテナへのデリバリー」
【講 演 者】 株式会社テクノロジックアート 代表取締役 長瀬 嘉秀
従来のオブジェクト指向分析設計はユースケース駆動などの機能を中心にしたモデリングが大きく取り上げられてきました。しかし、本来はコンポーネントを中心に、エンティティと構造、インターフェースなどを意識したモデリングが必要です。さらに、コンポーネントの再利用や、コンポーネントをクラウド環境へのアジャイルにリリースする最新の開発技術も重要です。これらを具体的に、どのように行っていくかを解説していきます。


セッション-2 14:40~15:40
【タイトル】「モデルから読み解く企業の底力」
【講 演 者】 株式会社エス・ディ・アイ代表 佐藤 正美
この講演は、『コンポーネント開発』におけるデータモデルの役割について、わかりやすく具体的にご紹介します。冒頭でモデル技術の基礎を、続いて数種類のサンプルモデルを使って見通しのいいエンタープライズ・システムの構築テクニックを説明する形で進行します。システムエンジニアのみならず、業務系、経営企画系の方にもお勧めできる内容となっております。


セッション-3 15:50~16:30
【タイトル】「モデルからの自動組み立て型開発の実演」
【講 演 者】住友電工情報システム株式会社ビジネスソリューション事業本部フレームワーク技術グループ 九鬼 務
楽々Framework3はコンポーネントによる組み立て型開発を実現する開発ツールです。モデルからプログラミングレスでプログラムを組み立てます。本講演では自動組み立てのしくみを説明した後、モデルからプログラムを組み立てるデモをご覧いただきます。


16:35~16:50 「試そう、語ろう、フレームワーク」からのお知らせ
16:50~17:00 事務局からのお知らせ 『一般社団法人 アドバンスト・ビジネス創造協会』のご紹介


【募集定員】50名 参加費無料


【お申し込み】 お申し込みページへ (~2015/9/1(月)迄)


※なお、セミナープログラムは予告なしに変更する場合もございますので、予めご了承ください。

参加者
定員60人
申込先
会場
住友電工情報システム株式会社東京支社
東京都港区元赤坂一丁目3番13号 赤坂センタービルディング

注目のイベント

タグに関連するイベント

コラム

イベント New

インメモリデータベースの今後。新領域への適用可能性 - デジタルトランスフォーメーション時代の最新データベース技術勉強会 -

2018年3月6日(火)19時10分より、「【エンジニア向け勉強会】デジタルトランスフォーメーション時代の最新...
156 views
インタビュー

【eiicon×サムライインキュベート】事業創出支援「Open Innovation BootCamp Program」スタート!

ここ数年で、オープンイノベーションに対する企業の関心は急速に高まっている。しかしながら、「どうしたら...
109 views
イベント

4月(後半)に開催する注目のITイベント・勉強会まとめ 28選

4月後半に開催される注目のITイベント・勉強会をまとめました! 気になるイベントがあれば是非ご参加くだ...
1,598 views