TensorFlow研究会#6

イベント内容

目的

 TensorFlowやKerasなど主としてPython系の機械学習ツールの使い方を学び、また数学的知識の裏付けなどについても議論を深めながら、皆でスキル・ノウハウ習得、情報共有することを目的とします。

対象者

 ・TensorFlowやKerasについて本気で学習したい方
 ・機械学習をご自身の研究やビジネスに活かしたい方
 ・ノートPCを持参できる方

内容

 前半の90分は、知能情報システムの吉岡琢さんがNumpyの基礎からベルヌーイ分布、多変量正規分布などについて、今回と次回8月の2回に分け、ipython notebookを使った演習をしてくださります。githubに綿密な資料を準備してくださっていますので、こちらに上げられている参考資料などを読んでから参加していただけるとより学びが深まるかと思います。
 勉強会資料はこちら。 

 後半の50分間は、センスタイムジャパンの上野山徹さんがモデルの可視化などに非常に有用なツール、Tensorboardの使い方について、ハンズオンでご紹介くださる予定です。Tensorflowの扱いに慣れてきた皆様もそろそろ触ってみたいと思われていた頃ではないでしょうか。
 皆様、ふるってご参加くださいませ。
 

その他

今回よりご参加の方は、前回までの資料等を下記のGoogleドライブにあげておりますので、ご参考ください。
  http://goo.gl/VNTAiO

勉強会の非公開Facebookグループ(参加ご希望の方は承認申請ください。)
 https://www.facebook.com/groups/1049217688434405/

プログラム(※発表者のご都合等により、当日変更になる可能性があります。)

 時間 内容 発表者
13:30〜15:00 ベルヌーイ分布・多変量正規分布などに関する演習 知能情報システム・吉岡琢氏
15:10〜16:00 Tensorboardのご紹介とハンズオン センスタイムジャパン・上野山徹氏

 
※同日の16:00から18:00までは同じ会場で尼崎Pythonの会#6を予定しておりますので、そちらもぜひ合わせてご参加ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。