TOP

アジャイル開発で要望の表現に用いるユーザーストーリー入門【11月2日開催】

イベント内容


多くの組織は変化が激しいビジネス環境へ対応するため、アジャイル開発を導入し始めています。 多くのアジャイル開発では、開発内容をユーザーストーリーの形式で記述し、優先順位の高い機能から順番に開発を進め、納品していくというプラクティスが適用されています。 ユーザーストーリーは、「<役割>として、<機能/性能>がほしい。そして<価値>を得る」という簡潔な形式で開発内容を表現できます。


本セミナーでは、まず、演習を通じ、ユーザーストーリーの記述を理解していただき、 一般的なユーザーストーリーの抽出方法とユーザーストーリーマッピングのやり方を体験します。
次に、顧客、業務及び技術などの複数の利害関係者の観点を反映し、よりシステム的に ユーザーストーリーを作成する方法「DtoD(DiscovertoDeliver)に基づくアジャイル要求」を紹介します。
また、DtoDをどのように利用されるか、演習を通じ、体験していただきます。

【お申込み多数につき、会場を変更いたしました。ご注意ください!】

※本セミナーは、2016年9月2日に開催した同名のセミナーと同一内容のご提供となります。ご注意ください


概要

  • 開催日 2016年11月02日(金)
  • 時間 13:30~17:00 (受付開始:13:00)
  • 会場 【お申込み多数につき、会場を変更いたしました。ご注意ください!】
    東京品川 京急第2ビル 9階 AP品川 会議室L
    〒108-0074
    東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 9F
    Tel:03-5798-3109
    https://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-shinagawa/shn-base/
  • 参加対象者 アジャイル開発において、要求をどのようにまとめるかに困っている方
  • 定員 18 名
  • 参加費 無料

プログラム

内容
13:30-14:40 演習:ユーザーストーリーとは
- ユーザーストーリーをブレインストーミングで抽出する
- ユーザーストーリーマップを作成する
14:50-15:30 「DtoD(DiscovertoDeliver)に基づくアジャイル要求」手法の紹介
15:30-17:00 演習:DtoDでユーザーストーリーを組み立てる

お申込みはこちらのサイトからお願いいたします。(申込みフォームへリンクしています)

DtoD(DiscovertoDeliver)に関してご興味のある方は、当社紹介サイトをご覧ください。

参加者
定員18人
申込先
会場
東京品川 京急第2ビル9階 AP品川 会議室L
東京都港区高輪3-25-23 (京急第2ビル)

注目のイベント

タグに関連するイベント

2017/12/14(木) 19:30 〜 21:30
東京都 大崎広小路
2017/12/12(火) 19:00 〜 22:00
東京都 大手町

コラム

イベント New

【レポート】動画サービスを支えるUIUX:急成長する動画市場[第2部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
230 views
イベント

【レポート】加速する動画ビジネス最新事例:急成長する動画市場[第1部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
251 views
イベント

【レポート】データ活用ビジネスの始め方:デジタルマーケティング[第2部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
295 views