セキュリティのリスク可視化実践セミナー

イベント内容

もはや侵入されることを前提にセキュリティインシデント対策を行うのは常識となりつつありますが、そもそもネットワークに穴が空いている、ということはないでしょうか。組織変更や企業合併、様々な機器の投入とその運用でネットワークは日々複雑化しています。ネットワークの管理者がその実態を人手で把握しようとするのはもはや不可能です。しかし、実態を正確に把握し、ネットワークとホストの脆弱性を組み合わせた情報を参考に優先順位付けを行って、現状のセキュリティ対策の価値を最大化することが、企業のセキュリティ対策にとっては重要です。

ネットワーク可視化から脆弱性対策の優先順位付け、コンプライアンス対応までを1つの製品で実現し、アメリカ国防総省から高い評価を受け広く採用されているRedSealセキュリティ分析プラットフォーム。 RedSealがこの課題にどのような解決策を提示するのか。本セミナーで実際のデモストレーションを交えてご紹介いたします。


開催概要

日時 : 2016年12月8日(木)15:00-17:00(14:45 受付開始)

会場 : TKP東京駅丸の内会議室 カンファレンスルーム5

対象 : 自社内部のシステム運用又は導入に携わる方、他社への提案をされる方

定員 : 20名

費用 : 無料(事前登録制)

主催 : 株式会社ネットワークバリューコンポネンツ

後援 : 株式会社RedSeal

詳細・お申込

http://www.nvc.co.jp/event/seminar_20161208_redseal.html

そもそもRedSealとは?

ネットワーク可視化、脆弱性対策の優先順位付け、コンプライアンス対応までを1つの製品で実現し、ネットワークの適正化を図るための製品です。 そもそもネットワークをきちんと把握できていない、運用でセキュリティホールが空いているかもしれない、そういった不安を持っている方に最適です。

詳細はこちらから http://www.nvc.co.jp/product/redseal/index.html

RedSeal情報提供登録のお申込はこちらから

こちらに登録していただくと、定期的にセキュリティに関するホワイトペーパーなどRedSealに関する情報を送らせていただきます。 セミナーには参加できないけれど、セキュリティのソリューションには興味がある!という方は是非是非お申込ください。 https://mdh.fm/e?kN103GWM8g

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント