オトナの統計入門@未来会議室

イベント内容

内容

複数の計測値からある値を求める処理を「回帰」といいます。今回は、回帰問題を扱う際に必要になる初等統計的な知識を身に着けます。また、時間があれば機械学習にも役立つ主成分分析を扱ってみたいと思います。

  • 計測値の集団としてのパラメータ(平均・標準偏差)
  • 変数間の関係を表す相関とその限界
  • 回帰式を求める(y=ax+b)
  • 多数の変数を使った回帰式を求める(重回帰)
  • 必要ない計測値の影響を小さくしたい(主成分分析)

内容盛りだくさんかもしれませんが、できるところまで行きます。好評なら次回があるかもしれません。

タイムスケジュール

19:00~20:45 勉強会
20:45~21:00 LT

LT募集について

LTとは短いプレゼンテーションのことです。 最近やったこと、勉強したこと、作ったものなどプログラム関連で発表したい人を募集します。 1人5分程度でお願いします。

開発環境

環境はcloud9を利用します。当日、cloud9上にPythonのワークスペースを作っていただきそこで実習する予定です。ノートPCを持って来てください。

対象者

プログラミングに興味のある、社会人、学生(高校生は時間が遅いので事前に保護者の同意を得てください)

高校卒業程度の数学的知識があると好ましい。プログラミング経験の有無は問いません。

必要なもの

Wifi接続可能なパソコン

講師

森下功啓(もりした・かつひろ)

熊本高専建築社会デザイン工学科助教 博士(工学)・ 専門:衛星測位・環境計測

Twitter上で阿蘇の雲海予報サービス「うんかいったー」をリリースしている。日頃はPythonでプログラムを書きつつ過ごしている。ラノベを読む時間を使って英語を勉強すればペラペラに違いない。

オトナのプログラミングSlack招待(当日貼ります)

https://join.slack.com/t/mirai-tech/shared_invite/MjE0NDEyMDQ3Mzc4LTE1MDA0MDA3MTctZDllZTA1ZTg1Ng

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。