RDBMSからNoSQLまでSIer向けデータシステムトレンドセミナー

イベント内容

RDBMSからNoSQLまでSIer向けデータシステムトレンドセミナー

~ NoSQL事例/データ解析/セキュリティと注目のトピックスをご紹介 ~

本セミナーは、データシステムのトレンドを短時間で紹介するための技術セミナーです。ビッグデータ(NoSQL)事例/データ解析ツール最新事情/RDBMSセキュリティ機能の3つのセッションによって、データシステムに関する最新かつ詳し情報をご紹介します。ビギナーからベテラン技術者まで、データシステムに携わる幅広い方々に向けた内容となっております。さらに本セミナー参加者の中から3名様に「ITエンジニアのためのデータベース再入門」を進呈いたします。データベースを扱う技術者の道しるべとして活用いただける注目の技術書です。ぜひ、本セミナーにご参加ください。


セッション タイトル
セッション1 事例から学ぶ一般企業のNoSQL活用方法と導入手順-Cassandraによるサービス立上げと乗り換え事例のご紹介
ビッグデータで注目を集めたNoSQLは、実用フェイズへと移行しています。これまでのRDBMSを補完するデータシステムとしてすでに多くの企業で実稼働を迎えており、数々の成功事例が公開されています。さらに、失敗を乗り越えて稼働を迎えた事例なども公開されるようになりました。このセッションでは、NoSQLを代表するCassandraの事例を紹介します。Cassandraは、NoSQLの中でも高速性/可用性/スケーラビリティに定評があります。数々の事例から、Cassandraによるサービス立上げ事例や他のデータシステムからの乗り換え事例などを紹介いたします。
セッション2 BIからデータ解析ツールまで大量データを手軽に解析するツールとテクニック
ビッグデータ到来によって、大量のデータを蓄えることが容易になりました。逆に収集した大量データをどのように解析するかが課題となっています。ビッグデータに潜む問題や解決策をいかに見つけ出すのか、多くのユーザが次のステージに向かって試行錯誤が続いています。このようなニーズに応えて、容易にデータ解析を行うツールが注目を集めています。このセッションでは、データ解析を行うためのツールとその使用方法をご紹介します。
セッション3 データベースによるセキュリティ対策
このところ、サイバー攻撃による、情報流出のニュースは珍しくなくなりました。セキュリティホールから標的型攻撃まで、様々な脅威にさらされています。このような環境で、データベースのセキュリティ対策は万全でしょうか。様々 な防壁を突破された場合、最後の砦として有効なデータベースのセキュリティ対策はあるのでしょうか。このセッションでは、世界で最も使用されているOSSデータベースMySQLに搭載されている数々のセキュリティ機能をご紹介します。

ご来場いただいた方の中から3様に関連技術書をプレゼントいたします。(セミナー終了後の抽選で決定いたします)
「ITエンジニアのためのデータベース再入門」リックテレコム社


セミナー紹介ページ
http://www.konekto.jp/news/info20170728.html

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント