(5) 要件と使い勝手の両立を実現する! UIデザインと要件定義のすり合わせポイント

イベント内容

<概要>

 利用するユーザが多様化し続ける現代のシステム開発において、いわゆるユーザビリティは非常に重要な要素です。しかしともすれば機能先行で設計されたシステムは要件を満たしているにも関わらずユーザから使いものにならないという烙印を押され、利用してもらえない事態に陥ることもしばしばです。
 非デザイナーであっても実践できる、要件と快適なユーザオペレーションを両立するためのアクティビティ指向のUIデザインを演習を通して修得します。

1.要件とユーザオペレーション
2.ユーザオペレーションとソフトウェア要件の三点セット
3.UIデザインの構成要素
4.要件をロジカルにUIデザインに落とす
5.演習

<対象>

  • 現場で困っていたり、これから実務で取り組むにあたって具体的にどうすればいいのか悩んでいる担当者やエンジニアなど

<前提知識>

  • 特になし
  • コース4を受講していると理解が深まる

会場について

〒101-0021 東京都千代田区外神田2丁目15-8 長坂第三ビル 3F
銀座線末広町駅より3分 JR秋葉原駅より徒歩9分

お支払いについて

個人情報の取り扱いについて

http://www.necomori.asia/privacy_policy.html

お問い合わせ

https://necomori-up.doorkeeper.jp/contact/new
もしくは info@necomori.asia までお問い合わせください。
電話でのお問い合わせ対応は現在しておりません。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント