Microsoft Student Partners ハンズオン @つくば #6

イベント内容

RaspberryPiとAzure IoT Hubを使ったIoTハンズオンです。

RaspberryPiとLED、ボタン、温度センサーなどを用いてデバイス側の作成し、Azure IoT Hubと接続してセンサー値の収集やデバイスの制御方法を実際に手を動かして学べます。

※本イベントは7/26開催のイベントとほぼ同様の内容となります。

対象

IoTの開発に興味がある方、Azure IoT Hubを使ってみたい方
プログラミングをしたことがある方(今回はPythonを用います。Pythonを使ったことがない人でも楽しめるように配慮しますが、何かしらの言語でプログラミングをしたことがある方を対象にします。)

※社会人のかたも参加していただけます。

日時、会場

2017年11月12日

Tsukuba Place Lab 筑波大学すぐそばのコワーキングスペースです。

持ち物

ノートパソコン(OSは問いません)

事前準備

とくにありません

本イベントに参加することで学べること

Raspberry Pi・Raspbian

Raspberry Piという小型のシングルボードコンピュータとRaspberry Pi上で動作するDebianベースのRaspbianというOSを用いてハンズオンを行います。 Raspbian上でGPIOの制御など体験していただきます。

Azure IoT Hub

Azure IoT HubはIoTデバイスとクラウド間を双方向に接続するプラットフォームです。例えば、デバイスからクラウドに向けてセンサーの値などを含むメッセージを送信したり、クラウドからデバイスに制御情報を含むメッセージを送信したりすることが出来ます。 また、IoT Hubに送信されたセンサー値などはAzureの他のサービスと連携して可視化したり保存したりすることが出来ます。 今回はこちらで用意したAzure IoT Hubに接続し、利用していただきます。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。