TOP

【KSKアナリティクス共催】IoT時代のデータ処理、データ分析方法のご紹介

イベント内容

概要

IoTの普及により、収集・蓄積したデータを人工知能(AI)・機械学習の手法やソフトウェアを使って分析・活用し、ビジネス価値を創出したいとお考えの企業が増えています。
例えば、センサデータによる機械の故障予測・異常検知に活用や、購買履歴データを使った顧客の離反防止・商品の推薦に活用できます。
このようにデータを分析・活用することで、収益拡大やコスト削減につなげられます。

多数のデータ分析ツールを取り扱うKSKアナリティクスが、大規模データ統合に向いたBIソフトウェア、機械学習・人工知能による分析が可能なソフトウェアなどのご紹介とデモを行います。
ツールのご選定・導入にお悩みの方、どのような分析ができるのか知りたい方にオススメのセミナーです。

ご紹介ソフト

  • hadoopなど大規模データ統合に向いたBIソフトウェア「Pentaho
  • 世界的に非常に評価の高いプログラミング不要の機械学習ソフトウェア「RapidMiner

主催

セミナー内容

  1. ETL×クラウドでスモールスタートから始めるビッグデータ処理
    ~IoT時代におけるデータ統合のファーストステップ~
    • 株式会社KSKアナリティクス ビジネステクノロジー本部 エンジニア 吉本 直人
  2. ビジネスの ”現場” が身につけるべきデータ分析力
    ~ クラウド、ビッグデータ、IoT…今そこにある好機 ~
    • 株式会社KSKアナリティクス データサイエンス本部 シニアデータアナリスト 前川 浩基
  3. データ分析基盤に「さくらのクラウド」を
    ~ 伸縮可能な計算リソースでインフラを最適化 ~
    • さくらインターネット株式会社 エバンジェリスト 寺尾 英作

その他

個人情報の取り扱いについて

さくらインターネットでは、取得した個人情報を弊社が定める「個人情報の取扱いについて」 に従って適正に管理します。

なお、本お申込みおよびセミナーにて取得した個人情報は以下の通り共同利用いたします。

お申込みフォームにて、「個人情報の取扱いについて」と下記表の共同利用の項目をご確認のうえ、同意してお申し込みください。

概要 内容
共同して利用される個人情報の項目 会社名、部署名、役職、お名前、電話番号、メールアドレス
共同して利用する者の範囲 株式会社KSKアナリティクス、さくらインターネット株式会社
共同して利用する個人情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称 上記“共同して利用する者の範囲”の項に示す会社間にて管理し、その責務を負います。
共同して利用する者の利用目的 メールマガジンの送付・電話やメールによるサービスやセミナー等のご案内
参加者
2人 /定員50人
申込先
会場
さくらインターネット大阪本社
大阪市北区大深町4番20号 グランフロント大阪タワーA 35階

注目のイベント

タグに関連するイベント

コラム

イベント

地域経済の活性化にもハッカー精神を。仙台がIT都市に変わる3つの兆し

近年日本では、IT産業を活性化させることで雇用を創出し、地域経済の活性化につなげようとしている地方自治...
289 views
イベント

エンタープライズシステム開発に「エコシステム」を導入した事例秘話 - Accenture Meetup -

2017年11月10日(金)19時30分より、「エンジニア向け/デジタル・エコシステムをつくり出す技術勉強会 - 大...
137 views
イベント

デジタルトランスフォーメーション時代の最新データベース技術勉強会 - DB進化論 -

2017年12月21日(木)19時10分より、「【エンジニア向け勉強会】デジタルトランスフォーメーション時代の最...
472 views