TOP

VR Hub Tokyo Meetup Vol.4

イベント内容

イベント概要


VR Hub Tokyo は、360度の完全に没頭できる体験、テクノロジーやアプリケーション以外にも最先端の仮想・拡張現実の発展に関心を持つスタートアップ、開発者、クリエイターたちのコミュニティです。

12月1日に開催される VR Hub Tokyo Meetup は、VR Hub Tokyoの第4回目のイベントになり、Impact HUB Tokyoのスポンサーにより開催されます。開発や新しいテクノロジーを一人で学ぶことは、そろそろかなり大変になってくると予想されます。そのため、VR Hub Tokyoでは、VRに関連するあらゆる分野で開発・研究・ビジネスをこなう人たちが集まり、コミュニティでの学びや知識の交換をする場所を設けたいと考えています。
このイベントにおけるルールは、シンプルで楽しいものです。

一人一人は、みんな参加者またはプレゼンター(発表者)として加わることができます。
プレゼンターとして、スキルやレベルに関係なく、あなたは5-15分の自分で選んだUnityまたはVR/ARに関連するトピックについて話すことができます。
トピックの例としては、Unityの初級レベルの内容から、あなたの好きなVR SDK機能、またはシンプルにUnityのAsset Storeがどれだけ素晴らしいか、それから自分が開発途中というプロジェクトを紹介してもかまいません。コーディングは必要とはされていません。発表することに興味がある方は、ぜひ事前に発表予定のトピックについてお知らせください。
※内容の難しさによって、発表の順番を調整させていただきます。


コミュニティの詳細についてはこちらからチェックしてください: https://www.meetup.com/VR-Playgrounds-Tokyo/


参加費


事前申し込みをしたプレゼンターの方々は無料での参加が可能です。
当日支払い: ¥2,000
事前支払い: ¥1,000(イベントはこちらのDoorkeeperのページで申し込みをお願いいたします)
*ビールとピザが提供されます(事前支払いのチケットは、Paypalによって管理され、支払い後の返金はできません)

当日の流れ


※アジェンダは変わる場合もあります
19:00

開場

*アジェンダについては、現在更新中です。

22:00 終了:また会う日まで!


言語


英語または日本語 - 発表者によって異なります。主催者側の方からアシスタンスが入るかもしれません。


その他


パソコンを持参された方がよいかもしれません。
発表者の方へ ー発表用のパソコンや、オキュラスリフトなどのデバイスが必要な場合は、事前に主催者サイドにお伝えください。


運営チームの紹介

・Artis Birzins(アーティス・ビルジンズ氏)
VR Hub Tokyo 共同運営者


intreleague


アーティスは、VR・ARや、携帯電話の熱狂的なファンです。
スタートアップからコーポレートベンチャー、スキルとしては携帯アプリのコーディングからソフトウェアのイノベーションなど、アーティスは長年にわたりグローバルビジネスや、起業家精神、テクノロジー分野に従事してきました。アーティスは早稲田のビジネススクールを修了し、現在は企業のアプリケーションの設計を担当しています。現在は、モバイルビジネスインサイトというメディアにてモバイルテクノロジーのトピック欄に記事も寄稿しています。


・Leonard Burton(レナード・バートン氏)
VR Hub Tokyo 共同運営者、UX/UI デザイナー





レオナードは、現在東京を拠点に活動するユーザー・エクスペリエンス・デザイナーです。ウェブ制作業界における開発者・デザインの両方の立場での10年間の経験を生かして、最近は専らiOSと、ウェブUXデザインプロジェクトを英国のスタートアップ向けに行ってきました。これだけでなく、これから生まれてくる新しいテクノロジーを学ぶことにも多くの時間を費やしてきました。過去2年間は、BBCやVICEのテック系サイト「マザーボード」でも特集されたプロジェクトもあり、その興味・関心はVR業界(仮想現実)に注がれてきました。


・Misaki Iwai(ミサキ・イワイ氏)
VR Hub Tokyo 共同運営者、Impact HUB Tokyo コミュニティ・アントレプレナーシッププログラム・マネージャー





Impact HUB Tokyo コミュニティ・アントレプレナーシッププログラム・マネージャー。彼女自身Impact HUB Tokyoでコミュニティエンゲージメントのための活動を行ってきており、中にはFuckUp Nights TokyoHardware Massive Tokyoのようなイベントも主催しています。彼女の情熱は、周囲の人々(主に起業家やフリーランスの人々)のニーズや課題を理解し、必要なリソースやネットワークにつなげるということです。現在は東京内外の地域で地域のマイクロビジネスの育成プログラムを作ることに取り組んでおり、人々が各地域において持続的なビジネスを生み出すために鍵となるような要素について調べ、よりよいエコシステムを作るためのリサーチを行っています。

イベント詳細:


日時: 12月1日金曜 19:00-21:30
開催場所: Impact HUB Tokyo(東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階)
参加費: ¥1,000 前売り / ¥2,000 当日券
ビールとピザが含まれています。前売りチケットについては事前にPayPalシステムを通し振込が行われ、返金は受け付けておりませんので、ご注意ください。


Impact HUB Tokyoとは

Impact HUB Tokyoは、VR Hub Tokyoの公式開催団体です。
Impact HUB Tokyoとは、イノベーションラボ、ビジネスインキュベーション、コワーキングスペースの機能を併せ持ち、起業家が集まり、つながり、知識やアイディアを共有するコミュニティスペースとなっています。VR Hub Tokyoの掲げるビジョンや情熱に共感し、会場をサポートしています。

より詳しく知りたいという方は是非ウェブサイトをご確認ください: http://hubtokyo.com/


参加者
定員30人
申込先
会場
Impact HUB Tokyo
東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階

注目のイベント

タグに関連するイベント

2017/12/20(水) 19:00 〜 22:00
石川県 磯部
2017/12/16(土) 11:00 〜 13:30
東京都 明治神宮前

コラム

インタビュー

売上高2兆円に迫るファーストリテイリングのビジネスにデータ分析がもたらすインパクト

2017年8月期に売上収益が1兆8600億円を突破し、過去最高の業績を収めている株式会社ファーストリテイリング...
641 views
インタビュー

「DELLで働く魅力ってなんですか?」 中途入社で活躍する若手社員3名に訊く!

2015年にEMCの買収を発表し、市場に大きなインパクトを与えるべく変革を続けているデル。日本法人であるデ...
659 views
イベント

【レポート】大規模WebサービスのUIUX:大規模Webサービス[第2部] - TECH PLAY Conference 2017

2017年8月20日(日)から25日(金)の6日間にわたり、「TECH PLAY Conference 2017」が開催されました。...
328 views