TOP

03東京:ユーザー視点でわかりやすいサイトを作る「UI設計のツボ」

イベント内容

著名サイトで表現されているデザインやインタフェースは参考事例として注目を集めますが、そのユーザビリティ性能を分析していくと、実はユーザーにとっては使いにくい理由が、数多く浮かび上がってきます!

いつも目にするWEBデザインのユーザービリティを、有名サイトだからと安心せず、UIデザインの落とし穴と呼ぶべき盲点から、本来あるべきユーザビリティ性能とは何かをたっぷりと学ぶ3時間です。

大好評書籍「だから、そのデザインはダメなんだ。」の著者が、書籍には未掲載の最新ノウハウも交えて、「使いやすい・分かりやすいWEBデザイン」のためのプロでも知りたいテクニックや知識をご紹介します!

▼サンプル動画

ユーザーの知りたい度を考える

タイトルとリードで伝わる情報デザイン

【インタフェース編】

  • トップページの位置づけと求められる役割
  • トップページ「カルーセルパネル」の見せ方善し悪し
  • ナビゲーションの位置づけと求められる役割
  • 『次』が見えるナビゲーション
  • 『次』を明示させるヘルプ機能
  • 機能がわかるボタンらしいフラットデザイン
  • スマホ版の使いやすいメニューとハンバーガーメニュー
  • 検索窓を使わない検索機能

【コンテンツページ編集構成編】

  • 重要なことはPV数を稼ぐことではなく伝えること
  • タイトルとリードで伝わる情報デザイン
  • メイン導線とサブ導線で分かれるターゲットの興味
  • リピートユーザーには内容だけでなく情報鮮度も大切
  • 注意喚起は見てもらわなければ意味がない
  • ユーザーの利用シーンを考慮した編集
  • ターゲットのリテラシーを考えたコンテンツテーマと専門性
  • 登録フォームはいかに入力要素を削減できるかがカギ!
  • ストレスがためない入力フォーム

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/02/11(日)
13:00〜17:00
参加者
定員1人
会場
エッサム神田ホール1号館
東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2