TOP

第5回 秋葉原IoTツアーズ

イベント内容

第5回 秋葉原IoTツアーズ

今回のテーマ

Kids IoT~未来の子供達のためのIoT~

  • こどもの安全
  • 育児サポート
  • 未来の教室
  • きみのやる気スイッチ "ρ('-'* ) ピッ

遊ぶ、学ぶ、守るなどなど!! 子供達に関するIoTなら何でもOK!!

(○-∪-)ノ 景品あるよ♪

真剣勝負でも、技術の無駄遣いでも、真面目に審査します!

  • 1位 Amazonカード 20,000円分
  • 2位 Amazonカード 10,000円分
  • 3位 Amazonカード 5,000円分
  • 特別賞 Amazonカード 3,000円分

メイドさんとのチェキ付きっ ヾ(゚∀゚ゞ)(´ノi`)。.∴:.

開催概要

内容IoTハッカソン
主催ギークナビ
Twitterはこちら @geek_navi
開催日2018年5月26日(土)
開催時間第1部(製作) 10:00 ~ 17:30
第2部(発表) 18:15 ~ 21:00
製作場所DMM.make AKIBA
発表場所めいどりーみん秋葉原Heaven’s Gate店
ステージ、お食事、飲み放題付き!
チーム1人でもチームでも可
※チームでの参加の場合、チームメンバーも全員参加申し込みをお願い致します。
参加費無料
※製作で購入するパーツや昼食、おやつは個人負担でお願い致します。

会場の注意点

※製作会場の富士ビルは非常にセキュリティが高いです。

  STAFFのカードがないとエレベータ及びセキュリティゲートを通れません。朝の集合時間や外出時はご協力をお願いします。

※また、製作会場(DMM.make AKIBAさん)には無線・有線共に用意がありますが、発表会場(めいどりーみんさん)にはありません。

  ポケットWi-Fi、SIMカード、テザリング環境等をご用意ください。

当日の流れ

9:50~富士ソフト秋葉原ビル 1F 集合
10:00~会場にて説明
10:20~環境セッティング・工具確認
11:00~パーツ買出し
12:00~各自自由にお昼ごはん
13:00~もくもくと作成
17:30~後片付け
18:00~退出、移動
18:15~めいどりーみん入国
18:30~発表開始
20:30~結果発表
21:00めいどりーみん出国・解散

ルール

  • ビルが非常にセキュリティが高いです

       万が一当日遅れてしまうなどありましたら、下記電話番号にご連絡ください

       担当者 080-3200-4964(カトウ) / 080-9177-1089(ツノダ)

  • 当日にマイコンのセットアップは避けましょう。(事前に接続確認をお願いします)

  • 回路図は事前に作成しましょう。

  • LANケーブル等の必要な部材はご自身でご用意ください。

  • 利用するクラウドサービスの準備をお願いします。 必要であれば運営側でAWSの環境をご用意します。

  • 製作中の様子など、後日ギークナビに掲載させていただきます。顔出しNGの方は当日受付にてお知らせください!

  • 妄想はほどほどに Σ(ノ∀`*)ペチ

  • お申し込み後のキャンセルは極力しないで・゚・(ノД`;)・゚・  主催者が悲しくなります(切実に!!)

おまけ

せっかくDMM.make AKIBAさんでの開催なので…

施設見学ツアーを実施!

ヒィーヒィーする機材がたーくさんっ!!(〃゚∇゚〃) 。o○
1回20~30分程度(人数が多い場合は、数名ずつに分かれて見学します)
ご希望の方は当日受付にてお知らせください☆

主催者から一言

当日スタートして完成させられるエンジニア力があればそれで構いませんが、

ご覧の通りもくもくする時間は午後しかありませんので、なるべく開催日までに色々と作成して頂いた方がよいです!

過去の秋葉原IoTツアーズの様子はギークナビのブログにもアップされていますので是非ご覧ください!

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/05/26(土)
10:00〜21:00
参加者
定員30人
会場
DMM.make AKIBA
東京都千代田区神田練塀町3(富士ソフト秋葉原ビル)

注目のポジション

TECH PLAYでイベントをはじめよう。

TECH PLAYでは、テクノロジーに関連したイベントの告知やグループ運営のための機能を無料でご利用いただけます。まずはグループを作ってみましょう。