TOP

ラズベリーパイでAIスピーカーを作ろう!

イベント内容

pic1

概要

Raspberry Pi 3とSeeed社製「ReSpeaker 2-mics HAT」を組み合わせて、AIスピーカーを作ります。 Googleアシスタント・サービスを利用し、製品にはない独自機能を実現します。

こんな方におすすめ

  • AIスピーカーの仕組みを知りたい
  • AIスピーカーの応用例(カスタマイズのポイント)を知りたい
  • Googleアシスタント・サービスSDKの使い方を知りたい
  • Amazon Alexaとの違いを知りたい
  • 製品にはない連続対話機能の実現方法を知りたい

詳細

  • 連続対話機能(より自然な対話が可能)
  • 外付けライト(音声でON/OFF可能)

電子回路やプログラミング等の前提知識は必要ありません。 本ワークショップは、以下の勉強のきっかけになります。

  • 電子工作の基礎(LED点灯、スイッチ入力)
  • Pythonプログラミング基礎
  • Raspberry Piによるハードウェア制御(GPIO)
  • AIスピーカーの基本的なしくみ(Googleアシスタント・サービス)

できあがったものは機能的には製品版相当なので、実用的なAIスピーカーとして使えます。 (音楽再生など利用できないサービスがあります。)

配布・お持ち帰り頂くもの

  • microSDカード
  • ReSpeaker 2-mics HAT(Seeed社製)
  • 小型スピーカーユニット
  • ランプ兼ボタン

ご持参頂くもの、ご準備頂くもの

  • ノートPC(Windows, Mac)
  • スマートフォン(Android, iOS普段お使いのもの)
  • Googleアカウント(Gmailアドレス)
  • Raspberry Pi 3 本体
  • Raspberry Pi 3用 ACアダプター
  • 電源用microUSBケーブル

※Raspberry Pi用のmicroSDカード(OSインストール済)はこちらで用意いたします。

ネット環境

fablab関内のWifiが使用できます。

プログラム

時間 内容
09:45 開場、受付、費用支払い。
10:00 ワークショップ開始。
Raspberry PiをAIスピーカーにしてみる!
a. Google Assistantサービス側(Google Cloud Platform)の設定
b. Google Assistant SDKをRaspberry PiにSDKをインストール
c. デモプログラムを動かす!
ソースコードを修正・回路を追加して、改造してみる!
a. 確認音が鳴るようにする!(mp3再生)
b. 音声命令でLED ON/OFF (Lチカ)
c. ボタンに反応して、「Hey, Google!」を省略!
d. 連続対話
12:00 終了

講師

  • fablab関内スタッフ

セミナー参加者の声

  • AIスピーカーの仕組みがよくわかりました。
  • ソースコードを改造してLチカできたのが面白かったです。
  • Google Cloud Consoleの操作方法が詳しかったので、つまづかずにできました。

fablab関内について

ファブラボ関内は、横浜市の関内にある、市民のための実験的なものつくり工房です。3Dプリンタやレーザー加工機などのデジタル工作機器や、刺しゅうミシンや、電子工作用の機材などを備えています。ファブラボは全世界に500ヶ所以上あり、共通の理念で運用されています。1つのファブラボで作成したものが、他のファブラボでも作成できるように、機材の共通化や製作データの共有が図られています。

http://fablab-kannai.org/ pic3

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。