TOP

大和セキュリティ勉強会:Pythonでパケット解析 (8月26日)(日)

イベント内容

概要

パケット解析はWireSharkでやることが多いと思いますが、Python製のScapyというツールでも解析することができます。Scapyでのパケット解析と、Pythonを利用してScapyの動作をプログラミングしてみることを挑戦します。

(7月の勉強会の内容と一緒です)

参加者

パケット解析等、ネットワークのセキュリティ技術を身につけたい方。

準備するもの

ノートPC、無線アダプタ、VirtualBox 以下のリンクからカスタマイズされたScapyが入っている仮想マシン(9GB)をダウンロードして、インポートしておいて下さい:

http://bit.ly/2NzE4ZZ

ユーザ名:ubuntu パスワード: ubuntu

(※パッケージが壊れる恐れがあるので、ubuntu OS&アプリをアップグレードしないようにお願いします)

※Virtualboxでしか検証していないため、他の仮想ソフト(VMWare等)で起動できない場合は、VirtualBoxをご利用下さい。 起動できない場合は、VirtualBoxを最新版にアップグレードする必要があるかもしれません。 念のため、最新版にアップグレードしてください。

スケジュール

7月22日 (日)

11:30      OPEN

12:00~12:30  START! (挨拶、会場説明、各自自己紹介、説明) by Tesuya Nagayama

12:30~18:00  ハッカーのためのPython by Tesuya Nagayama

18:00~20:00  懇親会

参加費

社会人: 1,000円

学生: 無料

※領収書は出ません。ご了承下さい。

懇親会

お酒飲む人: 2,000円

お酒飲まない人 or 未成年: 1,000円

懇親会は会場でやります。

※領収書は出ません。ご了承下さい。

スポンサー

神戸デジタル・ラボのProactive Defense

http://www.proactivedefense.jp/

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/08/26(日)
11:30〜20:00
参加者
38人 / 定員38人
会場
神戸デジタル・ラボ
神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル10F