TOP

D-Waveを使用した画像認識ディープラーニングモデルの実アプリケーション実装1/3

イベント内容

はじめに

量子アニーリングを使用した社会実装が望まれていますが、実際にどのようにアプリケーションに仕立て上げるのかが 難しいところですが、弊社のノウハウを活用したクラウドサービスと量子コンピュータをつなげる方法を勉強会方式で3回に分けて考察・実装して行きたいとおもいます。

アプリケーションについて

MINSTの学習と推論を行います。学習はD-Waveを使って。推論は普通のNNを既存計算機で想定しています。

今回行う予定のこと

1.RBMをベースに学習モデルをおさらい。CD法とD-Waveを使った量子サンプリングを確認 2.実際にD-Waveでサンプリングモデルを使って値を取ってみる 3.RBMモデルをインターフェイス側に実装。値の更新も実装してみる 4.フロントとD-Waveをつないで更新できるか試す 5.MINSTのデータを活用できる形でフロントを改造する 6.その他諸々

html+D-WaveのAPIを使います。

計算マシンについて

弊社の量子アニーリングのシミュレータとD-Wave社の実機をつかったものを活用したいと思います。

フロントアプリケーションについて

フロントエンドはhtml/css/javascript(jquery)をベースに デザインはbootstrap
ajaxで計算サーバーとやりとりしながらサンプリングするアプリケーション。

データセット

MINST

システム

基本的にはawsのs3/ec2/lambdaなどを柔軟に活用しうまく作りたいと思います。

勉強会オンラインコミュニティ

随時情報の更新や勉強会の資料が手に入ります。わからないところを質問したり、ニュースの交換があります。
下記招待コードよりぜひご参加ください。

https://join.slack.com/t/mdr-qc/shared_invite/enQtMzEzMjg0NDE2MTY2LTNhYmU5N2NlNWExMmIyN2RkNmNmZTA0ODUxYTg2MThjODI0OTAyMjcxNTBjMDNiZGI3ZWIzZmFjZWM0NzVhYzI

場所

本郷三丁目を予定しています。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/06/21(木)
15:00〜16:00
参加者
3人 / 定員70人
会場
MDR株式会社
東京都文京区本郷2丁目40-14山崎ビル3F

注目のポジション