TOP

AI概要入門(制度・政策・倫理編)

イベント内容

概要

今、世界中ではAIブームの真っ只中であるといっても過言でない程、人工知能のニュースでメディアを賑わせています。

しかし、日本ではAIに対して正しい理解をしている人が極めて少なく、「AIはなんでもできる」とAIに対して極めて楽観的であったり、逆に「仕事が奪われる」と拒絶的な人も多く、様々な誤解が生じています。 また、上記の理由から、ビジネス面でも、海外勢とAIを利用した新ビジネスにおいて大きく遅れをとっているのが現状です。

そこで、本イベントでは日本・世界のAI事情を知るうえでバイブルともいえるAI白書を読み進めていくことで、昨今のAI事情の全体像に対して正しい理解・アウトプットする力を身につけていきます!

このAI概要入門は全3回を予定しており、AI白書を通して、現在の技術的動向や利用動向を理解することが最終目標です。数式やプログラミングに触れるわけではないため、未経験・初心者でも安心して参加して頂けるイベントとなっております!

各回の内容は下記の通りです。
 第1回目:AIの技術的動向・・・・6月3日(日)開催済み
 第2回目:AIの利用動向・・・・7月8日(日)開催済み
 第3回目:AIに関する制度、政策、倫理問題・・・今回8月12日(日)開催


今回の第3回目では、AIの制度・政策・倫理問題について読み進めて行きます。第1回目・2回目とは違ったトピックスとなるので、前回来れなかった方も是非ご参加ください。

また、勉強会の後に懇親会の開催も予定しています! AIについて議論したい!、エンジニアやビジネスマンの横の広がりを広げたい、色々な話を聞きたい!と考えている方はぜひ参加してみてください!

対象者

+AIの基礎を学びたい方
+世界中の現在のAI事情について知りたい方
+日本ディープラーニング協会のジェネラリスト資格を取得したい方

準備していただくもの

基本的にAI白書無しでも参加できるように勉強会を構成する予定ですが、持っていた方が便利かもしれません。

AI白書(2017)とは

角川アスキー総合研究所が刊行した日本ディープラーニング協会のジェネラリスト資格の指定図書となっている一冊です。 内容としては技術的な専門書ではなく、AI・ディープラーニングの基礎から、歴史的な推移を含めた技術動向の今と未来、現在のAIの利用動向などを実例紹介を通して、正しく理解することを目的にしています。

スケジュール

13:00~本書紹介・イントロダクション

13:30~14:15 前回の復習

14:30~17:00
+コーディネーターによる内容の説明
+質疑応答、意見交換等

17:00~ 終了

17:30~ 19:30 懇親会

※当イベントはセミナーではなく勉強会です。そのため、当イベントでは、参加者同士の知識の共有、議論の時間を多く取りたいと考えており、スケジュールは柔軟に対応していきたいと考えております。

※このAI白書の勉強会は全3回を予定しています。
※また、勉強会の後に懇親会の開催もいたします。懇親会会場はとりかわ権兵衛 泉大津店を予定しています。

泉大津AI研究会とは

泉大津AI研究会は、2018年4月1日に発足された団体です。 最新AI技術の実践的なビジネス適用とAI人材教育を理念としています。

アクセス

南海本線 泉大津駅(急行停車駅)下車、徒歩15分(難波駅(空港急行)より20分)

興味があるが、参加できないという方へ

今後の運営の参考にさせていただきますので、ぜひ「興味があるが、参加できない」枠からアンケートを記入していただければ幸いです。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/08/12(日)
13:00〜17:00
参加者
13人
会場
(株)HCI 本社工場 2F 会議室
大阪府泉大津市式内町6-30

注目のポジション