TOP

【京都】LINE Developer Meetup #43

イベント内容

LINE Developer Meetup in Kyoto #43

LINEが定期的に開催する技術者向けミートアップ「LINE Developer Meetup」、43回目となる今回はLINE KYOTOにて開催いたします。今回は、いつもとは趣向を変えてLT大会を行います。LT(ライトニングトーク)はとても短い5分程度のプレゼンテーションのことですが、ちょっと長めの7分を目安に行います。LINEのメンバーだけではなく、京都の技術者もお呼びして様々なLTを行っていただきます。ぜひお楽しみください。

開演前にはハッピーアワーを設けており、お飲み物を片手にLINEエンジニアとカジュアルに交流できる時間も設けております。セッションのあとは懇親会もございますので、是非ご参加ください。

※ 現在エンジニアの方、またはエンジニア志望の学生など基本的にプログラミングに関わっているみなさまを対象としております。
※ 参加が難しくなった場合は他の方に参加していただけるよう早めのキャンセルをお願いします。

日時

2018年8月22日(水)19:00〜22:00
※開場は18:00~

場所

LINE KYOTO ラボスペース
京都府京都市下京区四条通麸屋町西入る立売東町28番地 SAKIZO PLAZA B1F
(1Fにセブンイレブンがある建物の地下です)
※ 受付にてconnpassのユーザIDもしくは受付番号を確認致します。

予定

時間 コンテンツ 登壇者
18:00 開場
19:00 乾杯LT 御代田 亮平 (LINE KYOTO)
音声系のDeep learning 山本龍一(LINE KYOTO Clova開発チーム)
趣味に編み込む電子工作 青のり(@aonr_jp)(立命館大学理工学部電子情報工学科)
ElixirでClovaのスキルを開発してみる Adam Millerchip (LINE KYOTO)
小休憩
19:35 Scaling Prometheus to measure millions of things Paul Traylor(LINE Fukuoka 開発室)
Common Lisp紹介100連発 windymelt(株式会社はてな)
cpanfile が Ruby でパースできることに気づいた俺たちは onk(株式会社はてな)
小休憩
20:10 Introduction to our private cloud Verda at a glance 藤嶋 茂行(LINE Fukuoka 開発室)
GASによるSlack bot開発の話 ara_tack(フリュー株式会社)
Firebaseを使って作るPWA 松本 幸大(RCC(立命館コンピュータクラブ))
小休憩
20:30 Python for Swift はるふ(LINE Fukuoka 開発室)
Graalの素敵な話 jyukutyo (ポノス株式会社)
Kotlinでアプリ書いてみた masao0127s(フリュー株式会社)
Unified Logging on iOS Su Pingchen(LINE Fukuoka 開発室)
21:00 懇親会 参加者・登壇者・弊社エンジニアとの懇親
22:00 CLOSE

※内容・順番は変更の可能性があります。

※参加費無料。軽食をご用意します。

Sushi&Beerの簡単な軽食をご準備いたします。また、懇親会を行いますので、ぜひ弊社社員だけでなくご参加のエンジニアの皆さんとご交流ください

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/08/22(水)
19:00〜22:00
参加者
35人 / 定員35人
会場
LINE KYOTO ラボスペース
京都府京都市下京区四条通麸屋町西入る立売東町28番地 SAKIZO PLAZA B1F

注目のポジション

TECH PLAYでイベントをはじめよう。

TECH PLAYでは、テクノロジーに関連したイベントの告知やグループ運営のための機能を無料でご利用いただけます。まずはグループを作ってみましょう。