TOP

ITジャーナリスト 三上洋氏が解説する、「IoT」や「モバイル」の最新セキュリティ脅威

イベント内容

増加する、IoTやスマートフォンでのサイバー攻撃

IoTやスマートフォンの普及に伴い、関連するサイバー攻撃が増えています。
これらの動向はサイバーセキュリティのあり方も大きく変えようとしています。

東京オリンピックで予想される、日本の自治体・企業への攻撃

2020年の東京オリンピックが迫っていますが、これに伴い日本の自治体・企業への攻撃も増えてくるでしょう。

最新のセキュリティの解説と、対策

そのような中、本セミナーでは攻撃手法や企業での被害実態など最新の状況を見ていきながら、企業とベンダーが取るべき骨太の方針をまとめます。

当日プログラム

13:30~13:35 開会の辞

13:35~14:20 企業を直撃する「IoT」「モバイル」の最新セキュリティ脅威

(登壇者)
ITジャーナリスト 三上 洋 氏
セキュリティ、ネット事件、モバイルを専門とするITジャーナリスト。Yomiuri Onlineでセキュリティ啓蒙記事を長期連載するほか、テレビ・ラジオでの解説も多数。TBS「ひるおび!」読売テレビ「ミヤネ屋」フジテレビ「バイキング」などでもスタジオ解説を行う。

(講演サマリー)
IoTやスマートフォンでのサイバー攻撃が続いています。他人事と思っていたサイバー攻撃が、今や日本の企業を狙っているのです。2020年に迫った東京オリンピックでは、日本の自治体・企業への攻撃もあるでしょう。攻撃手法、企業での被害実態など最新の状況を見ていきながら、企業とベンダーが取るべき骨太の方針をまとめます。

14:20~14:50サイバー攻撃の脅威はすぐそこに

(登壇者)
阿部 敦子 氏
NECソリューションイノベータ株式会社
IPA 情報処理安全確保支援士 認定講師
入社後、汎用機のSEとして製造業向けのシステム開発及びネットワーク構築を担当。その後、一般企業に対するセキュリティソリューションの導入提案、販売業務に携わる。現在は、CSIRT構築から運用までのサービスの企画、提案を主な業務としているが、特に企業の課題であるセキュリティ人材の育成に注力。課題の洗い出し、育成計画から教育の企画・実施まで対応する。官公庁から民間企業まで、幅広いお客様に接してきた経験から得た知識や事例を多く持つ。昨年度より国家資格「情報処理安全確保支援士」の集合講習認定講師として活動中。

(講演サマリー)
「うちの会社は、攻撃の対象になるわけがない。」企業のお客様とお話を伺うと、このようなキーワードがよく出てきます。実際には、最近のサイバー攻撃は企業規模の大小に関わらず、セキュリティ対策が甘い組織を狙います。では、対策をしっかりしていれば攻撃は防げるのでしょうか?IPAのセキュリティ10大脅威や最近のセキュリティ事故事例を元に、被害状況と原因について解説していきます。また、防ぎきれないサイバー攻撃に備えるにはどうしたら良いのかについても検討していきます。

14:50~15:15イスラエル発、世界の最新セキュリティ事情 ~Check Point 最新ソリューションのご紹介~

(登壇者)
Aviv Abramovich 氏
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
チェック・ポイントにおいて長きに渡りProduct Managementの部署に務めており上級職として製品開発に携わっております。主に中小企業様向けのソリューションを担当しております。

(講演サマリー)
ITセキュリティ業界のパイオニア、チェック・ポイントによる最新のソリューションをご紹介します。

15:25~15:55AIのサイバーセキュリティへの応用、その未来

(登壇者)
乙部 幸一朗 氏
Cylance Japan株式会社 Cylance Japan 最高技術責任者
名古屋大学卒業後、国内大手電気メーカーでのネットワークエンジニアを経験後、イスラエルおよび米国のセキュリティ企業を中心にサイバーセキュリティに関連した技術職を歴任。ジュニパーネットワークスではアジア太平洋地区担当プロダクトマネージャー、8年間在籍した前職のパロアルトネットワークスでは日本国内の技術責任者を務め、エヴァンジェリストとして業界や各種団体の講演やセミナーなどでも活躍。

(講演サマリー)
Cylance Japan株式会社による講演ではAIアンチウイルスと呼ばれる機械学習を用いた新しいセキュリティ対策とその仕組みについてご紹介します。本セッションではファイルレスをはじめとする最近
のセキュリティ動向を説明するとともに、本物のマルウェアを使った検知精度に関するライブデモンストレーションも行います。現在常識と考えられているセキュリティ対策についての問題提起と、これからのあるべきセキュリティの姿を考えます。

15:55~16:55中小企業がサイバー被害や情報漏洩を起こさないために 最低限取り組むべき5つのポイントと具体的対策方法

(登壇者)
那須 慎二 氏
CVS株式会社 代表取締役社長
大手情報機器メーカーを経て船井総合研究所に入社。ネットワークセキュリティの安全対策と解決策に詳しい。船井総合研究所ではIT企業・OA機器販売業界に対する経営コンサルティングを行う傍ら、「日本一わかりやすいセキュリティ」をモットーに、中小企業を対象にしたサイバーセキュリティ問題や、対策に関する啓蒙活動を実施。実際に、全国の地域各社で年間100回以上開催する講演(マイナンバー&セキュリティセミナー)は「今まで聞いた中で一番わかりやすい 」と好評を得ている。著書「小さな会社のIT担当者のためのセキュリティの常識」(ソシム)がある。

(講演サマリー)
東京オリンピック開催を控え、サイバー犯罪者は日本をターゲットに、あらゆる手口で攻撃を行ってくることは明らかです。特に最近では、大手企業等と情報のやり取りをしている中小企業をターゲットに攻撃をする「サプライチェーン攻撃」が激増中です。情報被害に遭遇しないためには攻撃の手口を「知る」ことから、全国の中小企業専門でセキュリティ対策を推進しているプロが現状起こっていること対策方法をわかりやすくお伝えします。

主催

株式会社マイナビ マイナビニュースセミナー運営事務局

協力

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ

当日会場アクセスに関するお問合せ

株式会社マイナビ ニュースメディア事業部 マイナビニュースセミナー運営事務局 03-6267-4336

セミナー事務局

オープンソース活用研究所

マジセミ

※ご記載頂いた内容は、株式会社オープンソース活用研究所にて収集し、オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報は株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。
2018/09/05(水)
13:30〜17:00
参加者
2人 / 定員17人
会場
JR新宿ミライナタワー 12F マイナビルームA
東京都新宿区新宿4丁目1番6号