Cogbot勉強会!#18 - Bot Framework V4 Night!

イベント内容

イベント概要

Build2018 で Bot Framework SDK v4 がGA (正式リリース) となったのもつかの間、11月には v4.1 がリリース & Bot Emulator v4 も ついに GA しました。 Microsoft Bot Framework とその Tools、そして Azure Bot Service は着々と進化を続けています。

11月8-11日 に開催された Microsoft Tech Summit 2018 で Bot Framework v4 をテーマに登壇した大森さん(Microsoft)、瀬尾さん(Microsoft MVP)、 Microsoft Azure ブースで Azure Bot Service のハンズオンを担当した横浜さん(Microsoft MVP)が、進化した Bot Framework の概要から Tips までを紹介します。

みんなで楽しいチャットボット開発ライフを送りましょう♪

ハンズオンセッションもあります

TechSummit 2018で実施したこちらのハンズオンマテリアルをベースに、C# または Nodejs で初めての方向けの簡易なハンズオンを行います(ハンズオンマテリアルの一部分のみを実施します)。

プロジェクターに映しながら進行しますので、見て雰囲気をつかむだけの参加も可能です。

ハンズオンを実施される方は、準備として以下2点のご用意をお願いします。

  • エミュレーターのインストール
  • IDE/エディターのインストール

エミュレーターのインストール

以下のリンクより、ダウンロード、インストールをお願いします。

IDE/エディターのインストール

C# でハンズオンをご希望の場合、Visual Studio 2017(エディションは不問)をインストールしたPCをご用意ください。 インストールと準備はこちらをご参考にしていただければと思います。

Nodejs でハンズオンをご希望の場合、こちらの公式サイトよりVisual Studio Code をインストールしたPCをご用意ください。


Cognitive Services とは

"AIの民主化" を掲げる Microsoft が提供する、API呼び出すだけで利用できるAIの人工知能パーツ群です。
画像認識や自然言語処理、音声の処理など多くのサービスが用意されており、SDK や REST API を利用して、手早く簡単に利用できます。

公式サイトですぐに試せるデモも多く用意されています。

Azure Bot Service / Bot Builder (Bot Framework) とは

チャットによるコミュニケーションが加速している中で、多様化するチャットツールに対応するのはなかなか難しいものがあります。

Slack、Skype、Facebook Messenger など、組織や用途によって異なるチャットツールですが、これをひとえに統合して開発できるとしたら?

Azure Bot Service なら、Node.js や .NET の Bot Builder SDKや、REST API を使って簡単にチャットを開発・拡張することができます。

その他

Cognitive Services のようにすぐ使える PreBuilt モデルのサービスよりも、独自のデータを使って独自の学習モデルを構築したい場合、microsoft では、Azure Machine Learning や、世界では TensorFlow や Keras と並んで人気のディープラーニングのライブラリ Cognitive Toolkit (CNTK) が提供されています。


開催概要

項目 内容
開催日 11/28 (水)
時間 19:00 〜 開場, 19:30 〜開始予定
会場 日本マイクロソフト株式会社 31F

タイムスケジュール

時間 内容 スピーカー/担当
19:00 〜 19:30 開場・受付 ※ 2F でスタッフがご案内いたします
19:30 〜 19:35 概要・会場の説明など (5分)
19:35 ~ 20:05 Bot Framework v4 & Azure Bot Service の始め方 (仮) 大森彩子(日本マイクロソフト)
20:05 ~ 20:35 (仮)Azure Bot Service 開発 Tips 横浜 篤( Microsoft MVP)
20:35 ~ 21:55 Bot Framework Emulator v4 はこんなにすごい 瀬尾 佳隆(Microsoft MVP)
20:55 ~ 21:25 ハンズオン --
21:25 ~ 21:30 完全撤収 -


会場に関する注意事項

入場について

会場2Fで入館証をお渡しいたます。会場の出入りに必要となりますので、 紛失にご注意ください。 また、20時以降の入館はスタッフをお呼びいただく必要があります。

無線LANについて

会場に無線LANの用意があります。自前の無線アクセスポイントを立てることは、 スピーカーのデモなどに支障が生じますのでご遠慮ください。

電源について

会場には一部電源がございますが、延長ケーブルなどの用意はありません。常識の範囲内で、譲り合ってご利用くださいませ。

アンケートのお願い

今後の参考にさせていただきたく、Cogbot コミュニティ!で取り上げて欲しい内容、参加したいイベントなどについてのアンケートにご協力をお願いいたします。 アンケートへの回答はこちらから

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント