みんなのPython勉強会#45

イベント内容

概要

「みんなのPython勉強会」では、Pythonを中心としてプログラミングを仕事、研究、趣味など様々なシーンに生かす方法を一緒に学びます。プログラマ、WEBエンジニアに限らず、初心者からマスターまで様々なレベルの、いろいろな分野の人が集まるので、「みんな」の勉強会です。お気軽にご参加ください。

イベント要領

日時: 2019月5月15日(水)
   受付:18:30〜19:00
   勉強会:19:00〜21:00
   懇親会:21:00〜22:00

会費:
 ・一般 1,000円(懇親会費込み)
 ・学生 無料(先着20名)※受付時に学生証を提示してください
 ※関係者以外の方は「スタッフ・講師」枠を選択しないでください。

持ち物:
 ・名刺(受付の際に1枚、ご提供ください)
 ・受付票(本サイト右側の「受付票を見る」から印刷してください)

対象者:
 ・Pythonに関心のある方
 ・プログラミングに関心のある方

会場:
  株式会社クリーク・アンド・リバー社/株式会社リーディング・エッジ社
  〒105-0004 東京都港区新橋4-1-1 新虎通りCORE 5Fカンファレンスホール
  https://goo.gl/maps/e6GLq2g7TxP2 

⇒【!お知らせ!】従来開催しておりました半蔵門から移転しています!ご注意ください。
  ⇒エスカレーターで2Fオフィスロビーのエレベーターホールまで上がっていただき、
   エレベーターで5Fまでお越しください。
   5Fエレベーターホールから向かって右側がカンファレンスホールです。

協賛: リーディング・エッジ社


勉強会プログラム

「ColabではじめるTensorFlow入門」
佐藤一憲 (Google, @kazunori_279)

Googleが提供する無償のクラウド機械学習環境「Google Colaboratory (Colab)」を使い、TensorFlowによる初歩の機械学習を学んでいきます。 Colabの使い方をはじめ、TensorFlowのAPI概要、ごく簡単なニューラルネットワークの定義、MNIST(手書き数字)の画像認識までを見ていきます (ハンズオン参加にはWebブラウザが動作するPCが必要です)。

「SciPy Japan 2019レポート」
阿久津剛史 (Start Python Club, @akucchan_world)

4月23、24日に、東京でSciPy Japan 2019が開催されました。SciPyは本場アメリカで2002年から続く老舗のカンファレンスですが、日本で開催されるのは初めてです。TensorFlowやChainerなどのディープラーニング用のPythonパッケージのほか、Jupyter NotebookやApache Arrow、Daskなどの技術トピックもあり、濃厚な2日間となったカンファレンスの内容を報告します。

「PyCon 2019 体験記 -case:kanan- 」
山下加奈恵(@Addition_quince)

5月1日〜9日に渡ってアメリカのオハイオ州クリーブランドで開催されたPyCon 2019。アメリカのPyConにはじめて参加したKananが3-5日のConference Daysを中心に開催風景や海外カンファレンスの楽しみ方をお伝えします。

「PyCon mini Sapporo 2019レポート」
横山直敬 (@nao_y)

5月11日に札幌で開催されたPyCon mini Sapporo 2019の模様をお伝えします。 また、「Simple-Spotify: Pythonでシンプルに楽曲データを扱うライブラリ」というテーマで登壇したので、そのダイジェストもお話します。


懇親会(ビアバッシュ)

会場にてビアバッシュ。
LT(ライトニングトーク)のネタがある方はぜひどうぞ。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント