Cloud Native Matsuyama #01

イベント内容

Cloud Native 松山 #01 開催概要

海外では、Kubernetesを用いたコンテナ関連技術のサービスやビジネスが急速な拡大を見せています。 事実上の「コンテナ関連技術業界団体」と言えるCloud Native Computing Foundation (通称CNCF)も 2017年になってAmazon、Microsoft、VMwareなどの大手ベンダーが相次いで加盟しました。

・Cloud Native Computing Foundation (CNCF) 加盟企業一覧
https://www.cncf.io/about/members/

今回の「Cloud Native Matsuyama #01」では、Cloud Nativeとは何か、また、関連技術や、それを活用したアプリケーションのアーキテクチャなどに関するセッションをお話しいたします。

こんな方に是非来ていただきたい!!!

  • 技術が好きで好きでたまらない人たち
  • Cloud Nativeってなに? って初心者の方
  • Cloud Nativeなアーキテクチャが好きな人たち
  • マイクロサービス、サービスメッシュの運用について語り合いたい人たち
  • Kubernetesってなに? 少し触った事あるぜ って初心者の方
  • Dockerってなに? 少し触った事あるぜ って初心者の方
  • これからのアプリケーションのアーキテクチャに関心がある
  • コンテナ(オーケストレーション)についての課題や悩みを抱えてる方々

登壇予定者(敬称略、順不同)

  • 新藤 洋介

会場・時間

日時:2019年5月2日(木/祝) 10:00 (開場9:30)~ 12:00

会場:PROME松山市駅前「会議室2」

住所:愛媛県松山市湊町4丁目11番地2 (第7コートエルビル2F)

タイムテーブル

※ 現在詳細は調整中です。確定次第、改めて更新します。

時間 講師 タイトル
9:30- 開場
10:00- 新藤洋介 (@shindoy) オープニング「世界における急速なCloud Native化の流れと日本の現状」
11:00- <募集中> コンテナ・k8s・Docker・マイクロサービスアーキテクチャ関係
11:30- ネットワーキングタイム
11:45 クロージング

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント