【GOJAS Meetup-11】 GOJAS Meetup Summer Special

イベント内容

How to GOJAS.

「GOJAS」は、有志にて立ち上げ運営された Splunkユーザ会の略称です。
Splunkの活用手法・ノウハウを共有し、日頃の作業やビジネスを加速していく意味を込めて "Go Japan Splunk User Group" 略して 「GOJAS」 と命名しています。
2016年11月より勉強会やハンズオンなどを開催する予定です。

How to Splunk.

grepの嵐に耐えきれず、悩めるIT技術者のためにあらゆるマシンデータをすぐに取り込めて、あっという間にトラブルの原因追求できるツールを作りました。それがSplunkです。
現在では、トラブルシュートだけではなく、ビジネスツールとして年間数億以上の利益をもたらす事例も出ています。

Event Information

  • 入館手続きを目的として、お名刺を1枚いただきます。
  • 2019年より、自走と発展のため有償化となりました。
  • 参加費用は、会場にて現金 / PayPayでの支払いとなります。(領収書発行)

Welcome!

  • ログ解析、データ分析、ビッグデータなどに興味がある方
  • セキュリティに興味がある方
  • センスの良いログ分析レポートを作成したい方
  • データを可視化したい方
  • 他社のSplunk活用に興味がある方
  • Splunkに興味がある方 など

Splunkを使ったことがある方、Splunkをこれから使ってみたい方、どなたでも参加いただけます。

早期来場特典

SAKURA Yoga Instructor Chiharu 様

早期来場特典として、無料でオフィスヨガ(椅子に座った状態のヨガ)を開催します!
デスクワークで背中、腰が弱っているエンジニアのみなさん、ログだけではなく、
自身の体のサーチをしましょう。効果的なストレッチをご案内しますので、ぜひ日常生活に取り入れてください。

Session information

株式会社サイバーエージェント リードエンジニア 牧垣 秀一朗 様

https://www.cyberagent.co.jp/
「ハイブリッドクラウドに対応したログ集約・解析プラットフォームのためのHEC活用法」
Splunkは強力なログ解析ツールですが、インターネット経由のログ集約・そのプラットフォーム化は簡単ではありません。昨今ではオンプレミスとクラウド双方がログの発生元となるケースが多く、Lambdaなどのサーバーレス、ECSなどのコンテナから出力されるログをどう集約するかが問題となっています。また、ログを簡単に入力できる仕組みがなければ、本質的な解析まで事が進みません。これらの問題を解決するために、HTTP Event Collector (HEC) とAWS Firehoseを活用したシステムを構築しました。オンプレミスからのログはHECに統合し、AWSからのログはFirehoseにフォーマット変更やSplunk転送を任せています。発表では、このシステムの構成と運用方法、実装が必要となった点、社内での適用例などをお話します。

クラスメソッド株式会社 ソリューションアーキテクト 濱田 孝治 様(@hamako9999)

https://www.splunk.com/ja_jp
「AWSのい〜〜〜ろんなログをSplunkで一括分析しよう!」
AWSでは様々なマネージドサービスのログが取得可能ですが、それらを一つにまとめて集約〜分析するのは存外難しいものです。今回のセッションでは、AWSの各種ログをSplunkに転送する方法と、それらの分析手法についてお伝えします。

セガサミーホールディングス株式会社 佐藤 正博 様 with 株式会社ブロードバンドセキュリティ 宮城 和音 様

「UF を一括バージョンアップしてみた(仮)」
Splunk Universal Fowarder のバージョンアップ作業、必要だと分かっていてもインストール台数が多いと大変ですよね。
Deployment Server の機能を活用して、約100台のサーバにインストールされたUFを
いっきにバージョンアップしてみたので、手法の概要と結果を皆様に共有します。

### Splunk Services Japan パートナーセールスエンジニア 小松原 貴司 様

https://www.splunk.com/ja_jp
「来たぜ Splunk 7.3!!! どんなモンなのか教えておくんなまし、旦那!!!」
ついに7.3がリリースされました。様々な機能の改善や新規機能の追加がなされておりますが、ひとつひとつを実際に確認するにはとても大変なものも含まれています。
本セッションでは、改善機能についてはなぜそのような改善がなされたのか、その背景をセットにご説明します。
新機能については、そもそもあるべき機能がついに実装されたという側面もありつつ、知ってはいるが触ったことがない機能に対する新規機能が少しずつ追加されています。
これを機に、いろいろな機能満載のSplunkをもっと活用しよう、あれもやってみよう、という気持ちになっていただければ幸いです。
思わず、Splunk Ninjaを目指す貴方であれば、「ファンタスティック!!!」と叫ぶことになるでしょう!!!

Time Schedule

時間 内容
17:30-18:25 Reception
18:05-18:25 Office Yoga
18:25-18:30 Information
18:30-19:00 ハイブリッドクラウドに対応したログ集約・解析プラットフォームのためのHEC活用法
19:00-19:30 AWSのい〜〜〜ろんなログをSplunkで一括分析しよう!
19:30-20:00 UF を一括バージョンアップしてみた(仮)
20:00-20:30 来たぜ Splunk 7.3!!! どんなモンなのか教えておくんなまし、旦那!!!
20:30-21:30 Splunk Searching Party(懇親会)

※イベント内容は予告なく変更になる場合があります。

Splunk Searching Party(懇親会)について

終了後、スピーカーの方々にも参加いただいて会場で懇親会を開催します。

入館について

・大崎駅南口 徒歩6分 / 大井町駅 徒歩13分 (無料シャトルバス)
・住友不動産大崎ガーデンタワーの1F特設受付から誘導します。
・受付ではお名刺を1枚ご用意ください。
・Doorkeeperの参加票をご提示ください。
・受付は 20:00 でクローズします。

注意事項

・イベント内容は予告なく変更をする場合があります。
・受付票に記載の本人のみが参加できます。 受付票 をお持ちでない方は入場できません。
・お名刺をご提出されない場合、参加をお断りする場合があります。

お問い合わせ・ハッシュタグ

主催者へのお問い合わせ、もしくはハッシュタグ 「#gojas」 までお願いします。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント