データ総研協賛セミナー「信頼できるデータのあり方と実現方法とは」

参加枠申込形式参加費 参加者
TECH PLAY経由
先着順 無料 5人 / 定員10人

イベント内容

データ総研協賛
信頼できるデータのあり方と実現方法とは

概要

多くの企業がデータ分析基盤に工数をかけて導入されておりますが、目的が異なる複数のシステムをデータソースとしているため、企業における「真実」を正しく把握できず、期待に反して企業の意思決定に貢献できていないケースが多数見受けられます。

 

本セミナーでは、信頼できるデータを活用するためのデータマネジメントのあり方から、データ仮想化の技術を駆使したデータ分析基盤の構築について、これからの企業の「成功の鍵」をご紹介致します。

タイムスケジュール

15:00-15:05 ご挨拶

—–データ総研様 講演—–

15:05-15:55  大手製造業様の事例に学ぶ!データマネジメントのあり方とは

昨今話題になっているデジタル化推進において、多くの企業でデータ分析基盤を構築していますが、最も信頼できるデータを把握できていないために、せっかく導入した分析基盤を上手く使いこなせていないケースが多数見受けられます。

この様な状況を改善するには、データの所在とデータの持つ意味を定義し、それを保守・運用し続けるためのデータマネジメント施策の巧拙が鍵を握ります。

本セッションでは、データ分析環境の最適化を図り、データの利活用を成功させるデータマネジメントのあり方に加え、データ総研のアセスメント支援サービス(①現状の評価、②課題と改善策の提言)の活用ケースについて、事例を交えてご紹介いたします。

15:55-16:10 休憩

—–ZEAL講演—–

16:10-17:00  データを複製しない分析基盤のメリットとは

多くの企業のデータ分析基盤の導入が進んでおり、データ分析基盤の設計では、どのようなデータを貯め、どのようにデータを持たせた方がよいかという事に多大な工数をかけているケースを見受けます。その過程でデータソースからのデータ複製を何度も繰り返しています。この様な状況下では、リアルタイムのデータ活用が困難であることは勿論、複製によるデータの信頼性低下、個人情報の保護といったデータガバナンスへの対応と、多くの課題が発生しております。データ仮想化の技術を活用することで、これまで実現が困難であったデータ分析基盤の多くの課題を改善することができます。

本セッションでは、データを複製しないメリットから、データ仮想化の製品「Denodo」による実装イメージと効果について、ご紹介致します。

17:00- 質疑応答

当日は、知識・経験豊富な専任のスタッフが講師を担当しますので、掘り下げたご質問や個別のご相談にも応じることが可能です。

    ※ 競合・パートナー企業、リクルーティング、勧誘などのイベント参加はお断りしております。
    ※ 飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。
    ※ 補欠者の方は、ご来場いただいてもご入場いただくことが出来ませんのでご了承ください。
    ※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

    持ち物

    名刺1枚

    ※ 受付時にお渡し下さい。

    参加費

    無料

    ハッシュタグ

    #techplayjp

    本イベントは終了しました

    類似しているイベント

    Python機械学習入門

    東京都台東区台東1丁目11番4号 誠心Oビル 3階 秋葉原駅徒歩5分

    19:00 〜22:00

    12月 10 TUE

    【報酬10万円】新生ハッカソン【1/7(火)応募締切】

    東京都千代田区外神田三丁目12番8号 住友不動産秋葉原ビル ※東京都中央区日本橋室町二丁目4番地3号 YUITO日本橋室町野村ビル 東京 秋葉原(新生フィナンシャル本社)※最終日に限り、日本橋(新生銀行本店)

    10:00

    2月 17 MON