体験!小型ドローンのプログラム制御 ~初級コース~

イベント内容

セミナーの概要

ROSを利用したPC上でのドローンの飛行制御の方法を学習し、自作プログラムでのドローンの自律飛行を目指す方向けのセミナーです。ROSの動作環境としてUbuntu、プログラム言語はPythonを使用します。また、ROSに対応した小型ドローンを使い、実際に自作した飛行制御プログラムの動作確認を行います。

※ROS(Robot Operating System)は、短時間でロボットシステムが構築できるソフトウエアプラットホームです。

※演習での飛行は、Parrot社のBebop2を使い、飛行許可が不要な室内で行います。

初級コースの内容

(所要時間:2時間30分)

  • ドローンの室内飛行での注意点を学習する
  • ROSの仕組み(概略)と基本的なコマンドを学習する
  • ROS+Pythonを用いた開発環境の構築手順を学習する
  • 既存のプログラムをベースに修正し、自作プログラムを作成する
  • 安全な場所で実際にドローンを飛行させ、プログラムの動作を確認する

※初級コースの内容は、プログラム経験者の方には物足りない内容となりますが、「ROSでドローンを制御した経験がなく、試して見たいがその環境がない」という方も、主旨をご理解していただいた上での参加は歓迎いたします。


持参していただくもの

1)Ubuntu PC ※貸し出し準備あり

<必要スペック・システム環境>

  1. Windows7以降のOSが快適に動作する程度のスペックのもの

  2. Wifi機能が搭載されていること

  3. Ubuntu16.04+ROS Kineticがインストール済みのもの

※ROSを快適に使用するには、ROSのインストール前に10GB以上の空き容量が必要です。

※Ubuntu16.04およびROS Kineticのインストールの際は、下記「設定用チュートリアル」を参考にしてください。

※Ubuntu PCを準備できない方は、下記「Ubuntu PCをご用意できない方」をお読みください。

2)小型ドローン:Parrot BebopまたはBebop2 ※貸し出し準備あり

<必要な周辺機器>

  • 本体に付属の専用のバッテリーパックと充電アダプター

※お持ちの方は、交換用プロペラやプロペラガードなどもご用意ください

※ドローンをお持ちでない方は、下記「指定ドローンをご用意できない方」をお読みください。


備考

設定用チュートリアル ※現在準備中
  • Ubuntu16.04のインストール手順(Windows10とのデュアルブート)
  • ROS Kineticのインストール手順
Ubuntu PCをご用意できない方
  • ご希望の方には、ROSのインストールまで完了したUbuntu PCを無料で貸し出しさせていただきますので、事前にご連絡ください。
  • 貸し出しPCは、弊社の通常業務で過去に使用していたものを流用していますので、機種やスペックの指定はできません。
  • ノートPCの操作(タッチパッドなど)に不慣れな方は、普段お使いの使い慣れたUSBマウスをご持参ください。
指定ドローンをご用意できない方
  • 弊社で保有のBebop2(2台)を受講者共用にてご使用いただけます。
  • 今回のセミナーでは、同時に複数台のPCからコントールできませんので、順番に交代でご使用いただくことになります。
初級コース以降のセミナー内容(予定)
  • 中級コース: OpenCVを使った、画像認識と飛行制御
  • 上級コース: ARマーカーを使ったルート認識と自律飛行
参考URL

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。