Cogbot Meetup Online #27 今から始める Cognitive Services

イベント内容

オンライン開催!

Microsoft Teams を使ってオンラインで開催します。当日にこのサイトで Teams URL を公開予定です。

PC、スマホから参加可能です。

  • PCで参加: アプリをインストールしなくてもブラウザで参加できます。
  • スマホで参加: アプリをインストールして参加が推奨です。ブラウザをPCモードにして見れなくはないですが辛みがあります。

参加方法は下の方に記載しています。

今から始める Cognitive Services シリーズ

WebAPIで簡単にAIを取り込めるCognitive Services は日々(?)進歩して約30種。全部を網羅するのはなかなか大変です。そんなみなさまに朗報! ”これから始める” 方向けのシリーズをオンラインで始めます。

第1回目は人気No.1の Custom Visionと, Vision に関するサービス群です。

  • 画像分析って何やるの?何できるの? Cognitive Services って何が便利なの?
  • Cognitive Services 使ってみたいのだけどどうすれば?

という方にも、復習や最新の情報を知りたい方にもご参加いただけます。


開催概要

項目 内容
開催日 3/25 (水)
開場 18:45 ごろから Teams 内に入れるように準備予定
開始 19:00
会場 オンライン! 開催日にこのサイトで Teams の URL を通知する予定


タイムスケジュール

時間 内容 スピーカー/担当
19:00 〜 19:05 あいさつ・Teams の説明など (5分) 大平さん(MC)
19:05 ~ 19:55 (仮) Cognitive Services 画像分析系 Vision グループのサービスをおさらい 横浜さん
19:55 ~ 20:00 休憩 --
20:00 ~ 20:50 (仮) 皆大好き Custom Vision 今から始める人向け解説と使い方 MS大森
20:50 ~ 21:00 質問&雑談タイム!※セッション中、随時 Teams のチャットから質問受付 --


Teams での参加方法

PC の場合

クライアントインストールは不要です。 ブラウザ(Chrome または Edgeを推奨)で参加できます。

スマホ の場合

Microsoft Teams アプリが必要です。あらかじめインストールしておいてください。

インストール先 https://teams.microsoft.com/

※ブラウザをPCモードに切り替えることで接続はできますが推奨されません

接続手順

アカウントは不要です。

当日公開予定の URL にブラウザーからアクセスしてください。

PCからブラウザーで視聴する場合は「代わりに Web で視聴する」を選択後、「匿名で参加する」を選択してください。(サインインボタンの下にリンクがあります。色が見づらいのでご注意ください。)
Teams のアプリでも参加できます。

詳細な手順は下記リンク先をご覧ください。

Teams でミーティングに参加する(手順)

18:45頃からストリーミング開始予定です。

質問は Teams のチャット機能から随時お気軽にお知らせください。(セッション内 または質問タイムに回答します)

参考

Cognitive Services とは

"AIの民主化" を掲げる Microsoft が提供する、API呼び出すだけで利用できるAIの人工知能パーツ群です。 画像認識や自然言語処理、音声の処理など多くのサービスが用意されており、SDK や REST API を利用して、手早く簡単に利用できます。

公式サイトですぐに試せるデモも多く用意されています。

Azure Bot Service / Bot Framework とは

チャットによるコミュニケーションが加速している中で、多様化するチャットツールに対応するのはなかなか難しいものがあります。

Slack、Skype、Facebook Messenger など、組織や用途によって異なるチャットツールですが、これをひとえに統合して開発できるとしたら?

Azure Bot Service なら、Bot Framework や REST API を使って簡単にチャットを開発・拡張することができます。

Azure Machine Learning

Designer を使ってノーコード(またはローコード)での機械学習から、PyTorch、TensorFlow、scikit-learn などの一般的なオープン ソース ツールと連携した機械学習のトレーニングができます。また、利用したデータ、トレーニング結果、生成したモデルの管理ができます。生成したモデルを REST API で利用するためのエンドポイントへのデプロイや各種の自動化ができるクラウドベースの環境です。
データサイエンスのプロセスをチームでコラボレーションするための機能を備えたワークスペースです。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。