LINE Bot x AWS CDKハンズオン

イベント内容

概要

AWS CDKを用いたLINE Bot開発のハンズオンを開催します。AWS CDKはAWSのインフラの構成をプログラミング言語を用いて行うためのフレームワークです。開発には様々なプログラミング言語がサポートされていますが、今回はTypeScriptを用います。(CDKについての詳しい資料はこちら)

本ハンズオンでは実際にAWS CDKを用いて買い物リストBotというLINE Botを作成します。具体的には以下の機能をもったLINE Botの実装を行います。

  • 入力した単語を「買い物リスト」に追加する
  • 「リスト確認」とメッセージを送ると今まで追加した「買い物リスト」の中身を確認することができる
  • 「リストをクリア」とメッセージを送ると今まで今まで追加した「買い物リスト」の中身を削除することができる

これらの機能を実現させるために複数のAWSサービスを連携させる必要がありますが、今回はAWS CDKでまとめてそのインフラを構築してしまいます!

事前準備

ハンズオンをスムーズに進めていただくためにも事前に以下のサービスのアカウント登録をお願いします。

  • LINE Developers(LINE Botの登録のために必要です)
  • AWS(クレジットカードの登録も必要になるのでこちらは優先的に登録まで済ませておきましょう)
  • Gitpod(今回のハンズオンで用いるオンラインエディターです。GitHubまたはGitLabのアカウントでログインします。こちらを用いるので開発言語などのセットアップは不要になります)

対象者

  • LINE Botを開発してみたい人
  • AWSを使った開発をしてみたい人
  • もうAWSの開発にコンソールを触りたくない人

配信方法

Zoomウェビナーを用います。また、本ハンズオン中の質疑応答に関してはQ&A機能を用いたサポートを行う予定です。

タイムテーブル

時間 内容 発表者(敬称略)
18:30 Zoom開場
19:00 オープニング 鍋島
19:05 ハンズオン開始 松永
20:35 Q&A 松永
20:45 LT「高校生がAWSCDKにハマってしまった話」 井上
20:55 エンディング 鍋島

講師

松永勇太

本業はIoT関係のお仕事。現在LINE API Expart目指して奮闘中
Qiita:ufoo68


その他

  • Facebookのコミュニティに入っておいていただけると連絡がスムーズかもしれません。
  • 当日、SNSやブログ用に写真を撮影する場合がございます。あらかじめご容赦ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント