[REV UP] サーバーレス環境でスピーディーに構築するLINE Platform アプリ

イベント内容

LPF REV UP 2020

LPF REV UP 2020について

LPF REV UP 2020は普段LINEのAPIに関する勉強会や情報交換を行っている東京、関西、九州のコミュニティが合同で主催するカンファレンスです。2020のテーマは「開発者と共に。ユーザーを支えるLINEプラットフォーム」。

LINEの認定するLINE API Expertやテクノロジーパートナーを中心に、ミニアプリ、Messaging API、LINE Pay APIなど技術に関するセッションからwithコロナ時代に生まれている新しい体験やビジネスについてのセッションまで、幅広い内容のセッションをご用意しています。

視聴はオンラインです。是非お気軽にご参加下さい。
本イベントページはREV UP2020における1つのセッションの申し込みページです。

気になるセッションがあれば、いくつでも参加登録してください。資料が公開されたときなど見逃しが少なくなります。同時間帯複数セッションへの申込みも大歓迎です。

※ LPF = LINE platform

セッション概要

「スーパーアプリ」や「ミニアプリ」というキーワードが開発者向け記事だけでなく、一般のニュース記事でもよく見かけるようになりました。

LINE のミニアプリ(LINE Mini app)をはじめ各社が覇権を握ろうとサービスを展開しています。 そうなると、かつてのスマホアプリ開発のように多くの企業や個人がこぞってミニアプリを開発し「雨後の筍」のように様々なアプリが登場することでしょう。

そんな中、いくら優れたアイデアを持っていても、実現が遅くなれば競合他社に先を越され、日の目を見ないアプリとなってしまうかもしれません。 また、LINE Platform を利用して開発する以上、良くも悪くもLINE Platform の制約を受けることになります。

本セッションではLINE Platform の特性を踏まえてスピーディーにLINE Platform 上で動くアプリ、今回はLIFF アプリを中心に、いくつかのパブリッククラウドのサーバーレス環境を使った開発を事例を交えてお話したいと思います。

スピーカー

加川 澄廣

LINE API Expert エンジニア/IT コンサルタントとして民間企業・公共など大小様々なプロジェクトで、開発者・テスターからプロジェクトマネージャーやPMO まで幅広く従事。現在はLINE ミニアプリの開発にも携わる。

LINE API Expert として LINE Developer Group Kansai を中心にハンズオンなどを多数開催。 LINE Smart City ハッカソン 最優秀賞など、ハッカソン・コンテストでの受賞も多数あり。

Twitter : https://twitter.com/sumihiro3
Facebook : https://www.facebook.com/sumihiro.kagawa

タイムテーブル

※ 詳細はイベント特設ページでご確認下さい。申込数の上限や同時間帯における重複参加数の制限はございませんので、少しでも気になるセッションには参加登録をされることをオススメします。

REV UP 2020

他会場について

セッションは東京、関西、九州の3トラック同時開催で行われます。全てオンラインで視聴することができます。

事例、テクニカル、LINE社によるセッション等多数のセッションをご用意しております。気になるセッションは全てconnpassでお申し込みいただいて、お気軽にご参加下さい。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント