増席!!【dip ✕ Goodpatch】 DXを実現する上でUXデザインが必要なワケ

イベント内容

[テーマ]

DXを実現する上でUXデザインが必要なワケ
~UI/UXデザイナーが価値を発揮できるポイントはコレだ!~

[コンテンツ]

日本のDX司令塔と言われる「デジタル庁」の創設でDX市場も盛り上がりを見せていますね。社会全体と企業もDXを実現することが求められている訳ですが、単なるデジタル化で終わらせないためにも、UXデザインが必要不可欠です。なぜ、UXデザインが必要になるのか?また、UI/UXデザイナーはどのような価値が求められているのか、Goodpatch ✕ dipでリアルな実例を基にDXの実現に必要なUXについて語ります。

[スケジュール]

10月 22日(水) 19:00~

時間 セッション
19:00 イベント開始
19:10 ディップ株式会社 発表 (テーマ調整中)
19:30 Goodpatch 発表(テーマ調整中)
19:50 登壇者トークセッション -DXの現場で求められているUXデザイン(仮)-
20:10 質疑応答・ディスカッション
20:30 終了

登壇者

【ディップ株式会社】

亀田重幸 (dip Robotics 室長 HCD-NET認定 人間中心設計専門家)
プログラマー、インフラエンジニア職を経て、ディップにてバイトルのiOS/Androidアプリを企画立案。エンジニアとディレクター両側面スキルを活かし、数多くのプロジェクトマネジメントを手掛けた。その後の新規事業開発では年間30本以上の事業を立案。ユーザー目線を重視した顧客開発を行い、UXデザイナーとしても活躍。昨年よりディップの全社DXの推進責任者を担当、社内のレガシーシステムをデジタル化しつつ、データを活用した新戦略を模索している。

著書:「いちばんやさしいDXの教本」 人気講師が教えるビジネスを変革する攻めのIT戦略 https://www.amazon.co.jp/dp/4295009806

Twitter:@kamechi72
亀田重幸インタビュー

【Goodpatch Anywhere】

齋藤 恵太 (Anywhere事業責任者)
制作会社を経て、2013年にグッドパッチにジョイン。代表的事例はマネーフォワード iOS(2014)やFiNC Technologies のアプリ・サービスデザイン。コミュニケーションを重視し長期的に案件に関わるスタイルで数々の組織の成長を体感、良いプロダクトやサービスを生み出す組織について研究しています。2018年10月よりリモートワークの新規事業 Goodpatch Anywhere を事業担当者として立ち上げ。

Twitter:@qnoub
齋藤 恵太インタビュー

注意事項

本イベントはリモート参加者のために会場内の様子が共有されます。
また参加者や運営によってイベントの様子を撮影した写真が、SNSなどネットにアップされることがあります。ご了承ください。

ご来場者の皆様に最大限楽しんで頂けるよう、運営側で参加にふさわしくないと判断した方については、 運営側で事前キャンセルやイベント中でもご参加をお断りさせて頂くことがあります。

ネットワークビジネス・保険・宗教などの勧誘が目的と見られる方
その他運営サイドで参加が不適切だと判断した方
あらかじめご了承ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント