Nutanix Meetup Online 20.12

イベント内容

フルオンライン開催第3弾!

これまで49回日本各地で開催し、東京開催時にはリモート配信も行ってきたNutanix Meetupですが、今回も完全オンラインで開催します!

タイムテーブル

調整中

登壇してみたい方はお気軽に、登壇者枠でご登録ください!
セッション時間は5分のライトニングトークから、20分程度のセッションまで、応相談です。

現時点の予定コンテンツ:

時間 セッション 登壇者 Photo
18:30 開会のご挨拶と各種ご案内
18:35 5分でおさらいするNutanix Clusters on AWS

Amazon EC2のベアメタルインスタンスで
Nutanix HCIが使える"Nutanix Clusters on AWS"
についてコンパクトに解説します。
島崎 聡史
(Satoshi Shimazaki)

Twitter: @smzksts

Nutanix Japan G.K.
2015年にプリセールスSE
として入社、2019年より
テクニカルエバンジェリスト
として活動中。ヤギ飼い。

Satoshi Shimazaki
18:45 【ゲストセッション】
Nutanix Clusters on AWSを支えるAmazon EC2

AWS Nitro Systemは、従来の仮想化機能の多くを
専用ハードウェアおよびソフトウェアにオフロードして、
高パフォーマンス、高可用性、高セキュリティを実現でき、
さらに仮想化オーバーヘッドも削減できる、次世代の
EC2インスタンスの基盤となるプラットフォームです。
Nutanix Clustersは、このAWS Nitro System上に
構築されたAmazon EC2ベアメタルインスタンスで
実行されます。今回は、あらためてAmazon EC2を
取り巻くテクノロジーの概要をご紹介します。
河原 哲也
(Tetsuya Kawahara)


アマゾン ウェブ サービス
ジャパン株式会社
AWSテクノロジーパートナー
様を担当するソリューション
アーキテクトチームの
マネージャーをしています。

Tetsuya Kawahara
19:10 Nutanixで手軽にはじめる
バックアップ&ディザスタリカバリー(DR)

業務がはじまるのに終わらない深夜のバックアップ。
本当に戻るか分らないバックアップデータ。
バックアップは、普段インフラが稼動していれば
バックアップ失敗のログを見てみぬ振りでの
運用を行っている現場によく遭遇します。
ただ、いざリストアしようとすると、急に心配になる
事項が増えてくるのがバックアップでもあります。
Nutanixには、データー保護の機能があり
この機能が今までのバックアップの
課題においてどのように解決出来るのかを
改めて見直していきたいと思います。
萩原 隆博
(Takahiro Hagiwara)

Twitter: @shadowhat

SB C&S株式会社
九州・沖縄を中心に、
西日本エリアのHCIと
Enterprise Cloudの
啓蒙活動に従事

大分県民として、
とり天とからあげの両方、
そしてカボスを併せて啓蒙中

Takahiro Hagiwara
19:35 小規模環境におけるNutanix Filesの活用を考える
Nutanix Filesは高い負荷分散性能や可用性、
拡張性などを備えたファイルサーバーを提供します。
ただ、「ウチは小規模だから、負荷も集中しないし
拡張の予定もないし…」と考える方もいると思います。
今回はNutanix Filesの上記以外の特徴に注目し、
小規模環境での活用方法を考えてみました。
真砂 暁
(Akira Masago)

Twitter: @masago_Omuomu

SB C&S株式会社
大阪でNutanixをメインに
仮想化製品のプリセールス
エンジニア(見習い)として
お仕事しています。

Akira Masago
19:55 Nutanix CE 5.18 ポイント解説
Nutanix Community Edition(CE)の最新バージョン
5.18がリリースされて2か月ほど経ちました。
皆さまインストールしてみましたか?
実はこのバージョンからいくつか変更点
(ハマりどころともいう)がありますので、
かいつまんで解説させて頂きます。
島崎 聡史
20:10 Nutanix CE の管理ネットワーク
VLAN ID 設定で理解するAHVの仮想スイッチ

Nutanix AHVは仮想スイッチによるL2ネットワークを
提供します。ただ「ウチは一般家庭だからネットワーク
機器も少ないしVLAN追加する予定もないし...」
と考える方もいると思います。
今回はあえてのNutanix CEでのAHVとCVMの
管理ネットワークVLAN設定変更をとおし、AHVでの
仮想スイッチ活用の仕組みを再確認してみます。
渡辺 剛
(Go Watanabe)

Twitter: @gowatana

東京でHCIをメインに
仮想化製品のプリセールス
エンジニア(空気)として
お仕事しています。

Nutanix Technology
Champion 2017-2020

gowatana
20:30 閉会のご挨拶と各種ご案内

本編終了後にオンライン飲みを行います

オフライン開催の際にはときどきMeetupの後に「近場で軽く1杯」ということをしていたのですが、
オンラインではそうも行きませんので、いわゆる「Zoom飲み」を行います。

基本的にゆるふわ・ぐだぐだ進行を想定していますが、
Nutanixチョットワカル人たちに色々聞いてみたり、ゆるっと会話してみたり、
みんな最近どんな感じか眺めてみたりしたい方は、どうぞお気軽にご参加ください。
※Zoom飲みの参加URLはウェビナー本編内でのアナウンスを予定しています。

備考

  • ウェビナー配信システムへの登録のため、参加登録時に各種情報のご入力をお願いしております。何卒ご了承ください。
  • ウェビナー参加用のURLを事前にご連絡する都合上、お申し込み期限が開催 前日の13:00 まで となっておりますのでご注意ください。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント