【無料オンライン】初学者向けデータ分析の定期勉強会 Part2

イベント内容

勉強会概要

毎週水曜日の朝7:00-8:00の時間を利用し、ビジネスに利活用できるデータ分析をテーマに勉強会を開催します。 第1段は「Pythonで理解する統計解析の基礎」を利用し、2020年11月-2021年3月で実施しました。最終的に4名の参加者の方が一度も休むことなく参加されました。 今回は「東京大学のデータサイエンティスト育成講座」を利用する予定です。初回は4/21日のスタートで、それ以降も基本は毎週水曜日に開催しますが、参加者の予定を調整しながら実施していきます。

趣旨

ビッグデータ、AI、機械学習などが世の中を動かす時代になり、最先端のテクノロジーを使うと、魔法の杖のように素晴らしい結果をもたらしてくれるというイメージがありますがこれは幻想です。

AIも機械学習も魔法の杖ではなく、明確なビジネス課題を持ち、分析結果をどのように活用するのかという視点がなければ意味がありません。これらの視点があれば、単純な集計であってもビジネスに利活用できる結果を導くことは十分に可能です。

この勉強会では、最終的に皆様が持っているビジネス課題を議論し、それを解決していくためのデータ分析を実践してくことを考えています。そのためにまずは、Pythonを利用した統計解析のスキルを取得、次に機械学習のスキルを取得、最後に深層学習のスキルを取得と段階を追って学んでいけるように考えています。

データ分析は本当に泥臭い作業です。手法をただ適用して終わりではなく、データ分析の本来の役割である、データから現場を把握するためのデータ分析を実践できるように、データの集計、データのハンドリング、そして統計・機械学習・深層学習などの利用技術を身につけて、ビジネスに活用できるデータ分析のスキルを身につけませんか。

興味のある方はどなたでもご参加ください。ただし一方的に学ぶ受け身の姿勢ではなく、自ら学んだことを人に教えて更に学びを深めていくようなスタイルで勉強会を行いたいので、それに賛同できる方のご参加をお待ちしています。 具体的には毎週交代でテキストの内容を報告するスタイルで進めていきます。

想定する参加者

  • データ分析に興味がある
  • プログラミングなどの経験はある
  • 統計学や機械学習などのデータ分析は未経験で学びたい
  • 社会人の方でご自身の課題や目標を持っている
  • 自分で学んだことを人に教えてシェアできる
  • 基本的には毎回参加できる

利用ツール・環境

このハンズオンはZoomを利用して毎週水曜日のAM7:00-8:00に実施します。 出勤前の一番頭が冴えている時間に将来への自己投資を行いましょう。

ZoomのURLは参加者の方に別途お知らせします。 ご自身のPCを利用していただき、Pythonをインストールするか、Google Colaboratory を利用します。

勉強会の内容

まずは以下のテキストを利用し、この内容を最初から順に実行しデータハンドリングと統計学を学んでいきます。 参加される方はご自身でテキストの準備をお願いします。 塚本 邦尊 (著), 山田 典一 (著), 大澤 文孝 (著), 中山 浩太郎 (監修), 松尾 豊 (監修) ), 「東京大学のデータサイエンティスト育成講座」,マイナビ出版

講師と参加者という関係ではなく、一緒に学んでいくことを前提にわかる方がわからない方に教えられる会にしたいです。 参加者の方には、毎週交代でテキストの内容を報告するスタイルで進めていきます。Part1でもそのスタイルで実施しました。 Zoomは勉強のモチベーションアップとお互いのつまづきをサポートできる場にします。 自分ごととして学び、一緒にスキルアップをしていきましょう!

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント