【好評につき再放送】なぜグロースに「UXチーム化」が必要なのか? データ・AIによる顧客体験の発想と共有

参加枠申込形式参加費
セミナー参加申込
先着順 無料

イベント内容

日程 2021年6月9日(水) 16:00~17:00
実施形態 オンライン開催※本セミナーはオンライン配信のみ(会場開催なし)で実施いたします。
※セミナー視聴URLは、お申込みいただいた方に、事前にメールにてご連絡いたします。

2020年10月12日に行ったセミナーについて、大好評頂きましたので、もう一度再放送いたします。
上記セミナーと同内容ですが、リアルタイムで担当者による質疑応答のお時間も予定しております。

概要

アフターデジタルの時代で、アプリやウェブサービスを大きくグロースさせるためには、
顧客理解 → 企画 → 実装」を絶え間なく回し続けることが必要です。

しかし、ただ高速・アジャイルに改善業務を行うだけではグロースは伴わず、
① 顧客理解のスキル育成
② 顧客理解に基づく企画・実装を回し続けられるような業務プロセスの定義、
の両方が求められています。

そしてこの2つに下支えされた「UXチーム活動」をサービス運用改善チームに取り入れることこそ、アフターデジタル時代のアプリ・ウェブサービスグロースの最大の要点です。

本セミナーでは、自身のチームにUXチーム活動を取り入れる=UXチーム化することの重要性と、実際にUXチーム化のために行うべきことをご紹介します。

特に、toC向けアプリ・ウェブサービスを担当されている
PMやプロダクト企画担当者様のご参加をお待ちしております。

当日は、「アフターデジタル」「アフターデジタル2」の著者である、
弊社東アジア営業責任者の藤井が第1部、プロダクトマーケティング担当の佐藤が第2部を担当します。

前回頂いた感想 ※一部抜粋

  • 事例を交えた説明を頂きUXの概念を明確にできたとともに、UX改善業務の具体的進め方を知ることができた
  • 第1部では時代の流れ、第2部では実践かつ事例ふまえた説明を聞くことができ、改めてデータの活用の本質にふれることができた
  • コンセプトワークとグロース業務の違い、プロダクト実態分析とユーザーの状況。それぞれ分けて考えるべきというのが理解できました
  • UXをアップデートし続けるチームとその仕組みの重要性がよく分かった
  • 分析を名前を付けて二つに分けるところも非常に共感した ・業務プロセスなど実際の業務に落とし込みながら想像することができました

登壇者

株式会社ビービット 藤井 保文
東アジア営業責任者

1984年生まれ。東京大学大学院学際情報学府情報学環修士課程修了。
2011年、ビービットにコンサルタントとして入社し、金融、教育、ECなどさまざまな企業のデジタルUX改善を支援。 2014年に台北支社、2017年から上海支社に勤務し、現在は現地の日系クライアントに対し、モノ指向企業からエクスペリエンス指向企業への変革を支援する「エクスペリエンス・デザイン・コンサルティング」を行っている。2018年8月には『平安保険グループの衝撃―顧客志向NPS経営のベストプラクティス』を監修・出版。2018年9月からはニューズピックスにおいて、中国ビジネスに関するプロピッカーを務める。2019年3月には、IT批評家 尾原和啓氏と共著『アフターデジタル - オフラインのない時代に生き残る』を出版。

株式会社ビービット 佐藤 駿 
UXインテリジェンス事業部 
プロダクトマーケティング(事業開発/営業開発)
チームリーダー

東京大学経済学部経済学科を卒業後、ビービット入社。

保険会社、金融系メディアなどのUX改善支援をコンサルタントとして推進後、新サービス「USERGRAM」の新規営業 ~ 活用支援に従事。

累計50社以上のご支援経験をもとに、現在はグロース業務の組織定着に向けた新方法論・サービス開発を推進中。

参加費

無料



株式会社ビービットでは、各種セミナーを開催しております。その他の日程や異なるテーマのセミナーはこちらよりお申込みいただけけます。

本イベントは終了しました

類似しているイベント