"MATLAB x Python 応用" - Python ユーザーのための最適 AI ワークフロー構築 虎の巻

参加枠申込形式参加費 参加者
参加無料 (専用サイトでの事前登録制)
先着順 無料 2人 / 定員100人

イベント内容

"MATLAB x Python 応用" - Python ユーザーのための最適 AI ワークフロー構築 虎の巻

概要

本セミナーでは、Python ユーザーの AI 研究開発効率を、MATLAB の機能を利用して向上させるための”虎の巻”をお渡しします。

AI ワークフローに沿って、Python から 次の MATLAB の AI 機能をアラカルトで適用し、:

  • データラベリング
  • 機械学習モデルの学習と最適化
  • ディープニューラルネットワークの設計、確認、学習
  • シミュレーションとテスト (Simulink 環境)
  • 成果物の実装・展開ツール

 一気通貫型の AI ワークフローを MATLAB と Python 間でシームレス実現 & 構築します。

MATLAB x Python で、ご自身にとって最適な AI ワークフローを構築してください。非本質的な AI 作業を大幅に削減可能です。
MATLAB と Python の AI のための相互実行についても解説するので、MATLAB をメインにお使いの方も大歓迎です。

ご参加には、下記MathWorks社のサイトでの事前登録(無料)が必要となります。
https://jp.mathworks.com/company/events/webinars/upcoming/matlab-x-python-advanced-the-bible-of-optimal-ai-workflow-for-python-users-3548070.html

ハイライト

MATLAB の一気通貫 AI ワークフロー、AI 作業を軽減する各種便利なツール、OpenAI Gym モデルの GUI アプリでの学習、Docker Hub を使ったソリューション

講演者について

吉野 紘和, PhD
製品スペシャリスト - データサイエンス領域
学生時代カーネルマシン (SVMなど) を用いたパターン認識の研究に従事。新入社員研修の個人テーマで、SVM を用いて製品品質予測モデルを構築するも、「現場に行ってデータしか見ないとは何事か!」と直属の部長に怒られる。その道をあきらめて、FEM シミュレーションに従事。その後、英国系メーカーに転職。2年後、渡英 & 大学で光学干渉の研究に従事 (PhD)。英国現地にて、Leicester city football club の奇跡の優勝に近づくにつれ、オッズが大きく変化していくのを目の当たりにして、事後確率密度分布推定に興味を持つ。以来ベイズ勉強中。ディープラーニングは難しくて不得意。

参加費

無料