【2022夏!感謝祭セミナー #3】実践的な脆弱性診断手法を学んで飛躍したい"試練の"上級者向け

2022/08/05(金)20:00 〜 20:45 開催
ブックマーク

イベント内容

はじめに

当イベントページをご覧いただき、ありがとうございます。

・顔の見えるセミナーをコンセプトにしております。

・WEBカメラでのご参加を必須条件とさせていただきます。(マスク着用可)

 ※google meetでの背景変更は下記を参考。
 https://support.google.com/meet/answer/10058482?hl=ja&co=GENIE.Platform%3DDesktop

まだまだ、勉強の毎日ですがセキュリティスキルは、プログラミングやインフラ構築などとは違って参考書も少なく勉強方法も異なるかと思いますので、なかなか独学では難しいところもあり途中で挫折される方も少なくないかと思います。

これからの日本のセキュリティを守っていく人材教育に少しでもお役に立てればと思います。

・本セミナーは、教育目的として開催します。

・開催者は、いかなる損害についても責任を負いません。

・ツールや情報の誤用について、責任を負いません。

・書面による許可なしにハッキングを行うことは違法です。

セミナーコース一覧

当セミナーでは、みなさまのご経験に応じてコースを設けております。
対象者の基準を下記のとおり、想定しております。

W5.実践的な脆弱性診断手法を学んで飛躍したい"試練の"上級者向け

⇧ 一連の脆弱性診断スキルを身につけたものの更にバグバウンティの例から実践的なテクニックを身につけたい方

イベント概要

脆弱性診断の知識は身につけたものの、現実世界ではどのように脆弱性をみつけだしているのかをバグレポートをもとに疑似体験することで実践や防御、管理に役立てることができます。
※前提知識として脆弱性を見つけ出すための中級レベルの知識と経験が必要となります。

■バグバウンティのバグレポートからテクニックを解説
 ・IDOR、パスワードのリセットの欠陥、アカウントの乗っ取りなどを予定しております。
 ※ハンズオンはありません。

こんな人にオススメ


■エンジニア、学生の方々

・セキュリティに興味があるが、勉強方法がわからないという方

・Burp SuiteやOWASP ZAPを使い始めた方

・CTFやバグバウンティ、ペネトレーションテスト、ホワイトハッカーに興味のある方


■企業担当者、教育機関関係者の方々

・経営者やセキュリティ担当者で、人材育成をしたいが技術的な部分を基礎から知りたい方

・Webアプリケーションの診断実施や内製化を検討されている方

開催概要

形態: オンライン形式(開催日時までにURLをお送りします)

タイムテーブル

開始 終了 内容
19:55 20:00 受付・開場
20:00 20:45 バグバウンティレポートの説明
20:45 ※個別でご質問・ご相談を受け付けます。

※タイムテーブルは目安です。当日の進行状況によって前後する可能性がございます。

登壇者紹介

いつの間にか、各大手ベンダーにて炎上プロジェクトの火消し専門のプロジェクトマネージャとして働き続けた結果、疲れ切ってIT業界を離れ、独学で自然農法を学んで無農薬・無肥料でイタリア野菜を栽培していたところに...、日本年金機構の情報漏洩事件の発生でセキュリティの世界に呼び込まれ、気が付けば独学でスキルを身につけてサイバーセキュリティ部署を立ち上げていた『CompTIA Network Security Professional』です。

趣味:料理、ロードバイク、サーフィン、ランニング、ヨット、ジャズ、四季報

お願い

ご参加が難しくなられた場合は、なるべく早めのキャンセルをしていただけますと幸いです。

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。