2023年の展望予測! DX内製化の立ち上げ期~拡大期でぶつかる壁と乗り越え方 ~~開発組織拡大とDX推進を両輪で回すには!?~~

2022/12/20(火)17:00 〜 18:00 開催
ブックマーク

株式会社アイスリーデザインが次に開催するイベントはこちら

参加枠申込形式参加費 参加者
セミナーお申し込み
先着順 無料 4人 / 定員100人

イベント内容

2023年の展望予測!DX内製化の立ち上げ期~拡大期でぶつかる壁と乗り越え方~~開発組織拡大とDX推進を両輪で回すには!?~~

概要

「DX白書2021」によると、日本国内におけるシステム開発の内製化は19%、一方で米国では約60%の企業が社内システム・顧客向けサービスの双方を自社開発している、というデータがあります。「日本企業はDXが遅れている」で済ませてしまっては何も変わりません。ここには正しいやり方があるはずです。実際に各種メディアでも数多くの企業でシステム開発の「内製化」の取り組みが報じられています。実際にどのように進めれば良いのでしょうか。内製化を進めるにあたっての勘所について、当セミナーでは、数々の有名企業と協業しながら内製化の立ち上げ期~拡大期を支援している、クリエーションライン株式会社の代表取締役社長である安田 忠弘 様をお招きして、各フェーズでのぶつかる壁と乗り越え方についてディスカッションさせて頂きます。

タイムスケジュール

時間 内容
17:00〜17:05 オープニング・ゲスト紹介
17:05〜17:45 本編
17:45〜17:50 クリエーションライン紹介
17:50〜17:55 アイスリーデザイン紹介
17:55〜18:00 アンケート回答・質疑応答

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

image

安田 忠弘

クリエーションライン株式会社 代表取締役

2000年にソフトバンクグループへ入社した後、2006年に独立してクリエーションラインを設立。「HRT+Joy」を企業理念として、アジャイル開発支援サービス事業、サブスクリプション事業を展開する。クラウド、OSS、アジャイル、DevOpsなどについて多くの経験と知識を有する技術者230名を率いる。IT技術を活用した事業価値創造/向上に寄与するTechスペシャリスト集団として、各業界でも有数の事業会社(株式会社デンソー、株式会社ヨドバシホールディングス)と資本業務提携を行い事業を拡大中。

image

芝 陽一郎

株式会社アイスリーデザイン 代表取締役

1972年生まれ。早稲田大学修士課程修了。野村総合研究所にて金融機関むけのシステムコンサルティング業務に従事後、ソフトバンクにて海外ベンチャーキャピタルとの折衝、投資案件のデューデリを担当。当時ソフトバンクグループ会社内の最年少役員。その後、一部上場企業を対象に投資事業ポートフォリオ再編、バイアウトのアドバイザリー業務を提供、複数のIT企業の役員歴任。2006年、株式会社アイスリーデザイン(i3DESIGN)設立。学生時代からブランド品の並行輸入、インターネットの接続サービスを手がける等、ベンチャーから大手エスタブリッシュの両方の経歴を持ち、かつファイナンス実務と実業の両方をカバーする希少人材。国内以外でも、大学院時代にはロータリー財団の奨学生としてドイツBielefeld大学にて社会哲学を専攻し、アフリカでの起業、ウクライナ拠点設立など海外経験も豊富。渡航国40カ国120都市。ソフトバンクOB会幹事。著書: 『アフリカビジネス入門(東洋経済新報社)』

参加対象

  • DXや開発組織の内製化における「立ち上げ期」「拡大期」を牽引されている方
  • 事業会社において、DX(エンジニアリング組織)内製化を推進・検討されている方
  • 社会の変化、社内の変革に迅速に対応するために、システム開発は内製化が必要だと感じている方
  • 内製化する過程において、ベンダー企業と内製開発に移行するための支援や、伴走しながらスキル移転が必要と考えている方
  • 対象部署:DX推進部、情報システム部、経営企画部
  • 対象役職:CIO、CTO、CDO、執行役員、部長、その他マネジメントクラス

参加費

無料

注意事項

  • リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
  • キャンセル待ち・補欠・落選の方はご参加いただくことが出来ませんのでご了承ください。
  • 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。
  • 無断キャンセルや欠席が続く場合、次回以降の参加をお断りさせていただく場合がございます。

新規会員登録

このイベントに申し込むには会員登録が必要です。
アカウント登録済みの方はログインしてください。



※ ソーシャルアカウントで登録するとログインが簡単に行えます。

※ 連携したソーシャルアカウントは、会員登録完了後にいつでも変更できます。

関連するイベント