【カケハシ/リクルート/LayerX】~テックリードが振り返るアンチパターン~ 新規サービス開発時に「スピード開発×安定運用」を実現するには?

2023/02/21(火)19:00 〜 20:30 開催
ブックマーク
参加枠申込形式参加費 参加者
一般枠
先着順 無料 113人 / 定員200人

イベント内容

概要

WEBサービスの世界では新規事業・サービスを立ち上げる際には
何よりも「スピードが命!」と言われます。
どんなに良いビジネスチャンスを見つけても、実現するのに時間が掛かりすぎていたら
ライバル企業に僅差で先を越された!なんて事もあり得る世界。
まずはリリースを優先し、アジャイルで改善していくことが当たり前になっています。

ただ、長く使われるサービスを作るために重要なのは「安定運用」との両立です。
スピード開発と安定運用、一見すると相反するテーマに見えますが
現実的にはここを両立させねばなりません…。

今回は3社のテックリードが集まり
新規サービス立ち上げ時の「後々の事を考えると、あの時こうしていれば良かった…!」を振り返ります。
本当は目をそらしたい…そんな後悔や失敗を敢えて振り返り、学びに昇華させる有意義な会を目指します!

※配信URLは、申込者に対し本ページ上「参加者へのお知らせ」にて当日までに表示されます。

タイムスケジュール

時間 内容
19:00〜19:05 オープニング
19:05〜19:25

複数プロダクトの立ち上げに携わって、犯した過ちとスピード開発を実現するための学びや工夫について

株式会社LayerX 松本 駿
フロントエンドエンジニアが、入社1年で新規プロダクト開発に幅広く(バックエンド開発や仕様検討など)携わる中で犯した過ちや、スピード開発を実現するための学びや工夫についてお話しします。
19:25〜19:50

Coming Soon

株式会社リクルート 鶴谷 誠文
          宇野 稔章
19:50〜20:15

お薬手帳アプリ開発におけるスピード開発x安定運用の取り組み

株式会社カケハシ 種岡 篤志
新規サービスは速度を求めれる反面、安定運用も視野に進めていかないといけない難しさがあります。今回、FlutterFlowやServerlessStackといった技術を使い、どのようにして適応していったかを説明します。
20:15〜20:30 Q&A
20:30〜20:35 クロージング

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

松本 駿
株式会社LayerX
ソフトウェアエンジニア
2019年株式会社リクルート新卒入社。不動産情報サイトSUUMOの新規機能開発やパフォーマンス改善、技術的負債の解消などを経験。 2022年2月株式LayerXに入社。バクラクシリーズのバックエンドからフロントエンドまで幅広く担当。
鶴谷 誠文
株式会社リクルート
データ推進室
データエンジニアリング部
2015年にリクルートに中途入社。リクルートIDのデータ基盤の開発やクラウド移行を担当。その後SUUMOレコメンドシステムの基盤移行や社内の複数の分析基盤の運営など幅広く担当。
宇野 稔章
株式会社リクルート
データ推進室
データプロダクトマネジメント1部
2020年にリクルートに新卒入社。リクルート社内のデータ施策向け内製バッチジョブ基盤Croisの開発・運用やレコメンド基盤の開発に従事し、インフラ構築やサーバーサイドの開発などを担当。
種岡 篤志
株式会社カケハシ
ソフトウェアエンジニア
薬局から医療体験を変革するというビジョンに共感しカケハシに入社。 現在は、Pocket Musubiという患者と薬局を繋ぐアプリの開発にエンジニアとして参画。 設計からフロントエンド、バックエンド、インフラと幅広く担当。 仕事も育児も日々奮闘中。

参加対象

  • テックリードの方
  • 新規サービス開発に関わっているエンジニアの方
  • スピード開発×安定運用のテーマに興味がある方

注意事項

※ 参加を辞退する場合は、詳細ページより申込のキャンセルをお願い致します。
※ 配信映像や音声は各自の通信環境に依存します。なるべく通信環境の良い状態で視聴ください。

関連するイベント