【未経験者でも可】JavaScriptの資格を取ることで幅広い仕事を得られる理由

プログラミング
JavaScriptは他の言語よりも学ぶのが難しくなく、プログラム未経験者でも短期間で資格を取ることが可能です。また、Webデザイナーの方であれば更なるステップアップにも役に立つ資格がありますので要注目です。JavaScriptを学ぶメリットやどのような資格があるのかを解説していきます。
【未経験者でも可】JavaScriptの資格を取ることで幅広い仕事を得られる理由

JavaScriptは、歴史こそ浅いかもしれませんが大きい役割を持っています。多くのWebサイトで使用されており、手軽に組み込めることから人気があるためです。最近ではアプリ開発でもJavaScriptが使われていることから、更なる活躍が期待できます。JavaScriptの資格を取得することでキャリアアップを目指すことが可能です。どのような資格なのかを見ていきましょう。

JavaScriptは今後も即戦力として雇う企業は多い

JavaScriptはWebサイト開発に重宝されており、現在もなお求人募集が多いです。最近ではスマホアプリ開発にもJavaScriptの技術者を募集する背景もあることから、学んでおくと仕事の幅やキャリアアップにつなげることが可能です。

現在でも多くの求人が載せられている

大手求人サイトでは900件近いJavaScript技術者を募集しています。中には未経験でも学びながら仕事ができる環境を用意している企業も見られます。システム開発者は求人倍率が高く、多くの企業が欲しがっている状況です。

Webサイトに動きをつけるので需要は減らない

JavaScriptはWebサイトに動きをつけることができるため、多くの仕事で重宝されます。企業が新しいサービスや開発をすればWebサイトで発表または運営をすることになります。新しくWebサイトを制作するのですから、需要は減らない傾向と言えるでしょう。

デスクトップアプリケーションやスマホアプリも対応可能

アプリ内広告にもJavaScriptの機能を使って表示することもできます。また、アプリ内でHTML表示を行い、JavaScriptで動きをつけることもあります。デスクトップアプリケーションにもJavaScriptは使われています。開発の幅が広いことから安定した仕事を得ることが可能です。

世界を見渡してもポピュラーな言語

JavaScriptは世界中で広く使われている言語の一つです。参入のしやすさ、幅広い受託が可能であることが人気の理由です。プログラム知識がないデザイナーでも学べるほど簡略化されていることもありますので、おすすめです。

主なJavaScriptの資格

JavaScriptの資格はいくつか存在します。国家資格としておすすめされるもの、Webデザイナーとして必要な資格など、さまざまな用途に合わせて資格を取ることが可能です。

CIW JavaScript Specialist

CIW JavaScript Specialistとは国家資格であり、世界で認められている資格です。受験料はおよそ150米ドルであり、JavaScript以外にもPerlやHTML5の資格も存在しています。

国際的に活躍したいなら取るべき資格

CIW JavaScript Specialistは国家資格として認められています。日本でも有用性のある資格であり、幅広い受注をしたい場合は得ると有利になるでしょう。現在はインターネットを通じてグローバルに開発することも可能です。先々のことを考えて取得することで有利に運べます。

試験の問題が英語である

試験問題が英語であるため、苦手な人にとって高い壁になってしまうでしょう。英語に苦手意識がないのであれば積極的に資格を取りに行きましょう。問題にリスニングはありませんので文法だけの理解で大丈夫です。

学習に時間がかかるがメリットは大きい

英語を勉強しながらJavaScriptの勉強をするとなれば、いくらかの時間を費やすことになります。その分、資格取得した際の恩恵は大きいです。特に日本だけでなく世界中の企業と仕事ができるのは大きなメリットです。

HTML5プロフェッショナル認定試験

HTML5の資格になりますが、CSS3やJavaScriptにも精通できるようになります。レベル1、2といったように難易度が振り分けられておりレベル1が基礎的、レベル2が応用といった形になります。受験料は1万5千円です。

Webデザイナーとして活躍したいなら

Webデザインを仕事としている人の多くは資格取得としてHTML5プロフェッショナル認定試験の勉強を視野に入れています。JavaScriptやマルチデバイス対応などができるようになることで、更なる仕事を受注することができ、キャリアアップにつながるからです。

手厚いサポートが魅力

学習方法としてサポートが手厚いのが魅力です。イベントやセミナーなどが積極的に行われており、レベル1、2共に1カ月から3カ月ほどの時間を掛ければ取れるようになっています。日本語の教材もありますので独学でも問題ありません。

特に初めてプログラムを学ぶ場合は敷居が低い

JavaScriptはC言語やJavaなどの言語と比べるとコードを書く量が少なく、簡易的に組み込むことが可能です。HTML上で動きをつけながら学べますので、プログラム初心者でも楽しみながら勉強できます。

GoogleAppsScriptを学ぶことにもつながるのでムダがない

JavaScriptをベースとしたGoogleAppsScriptが存在します。Google関連のアプリに相互アクセスをして、さまざまな独自機能を追加することができます。基本的にJavaScriptと同じ書き方です。Google関連のサービスを独自カスタマイズしコスト減を図っている企業も存在します。このことから更なるキャリアアップを目指すことが可能です。

まとめ

初心者でもWebデザイナーでもキャリアアップが可能なのがJavaScriptの資格

学びやすく、資格も豊富にあり、国際的に活躍できるのがJavaScriptの魅力です。Webサイトやアプリの開発は今後も需要が高いことを考えると、学んでみる価値は大いにあるのではないでしょうか。

また、さまざまな業界や分野における仕事があるのも特徴です。更なるキャリアアップを目指すのであれば、JavaScriptの資格取得を検討してみてください。


TECH PLAYでは、エンジニアの方向けに勉強会・イベント情報を提供しています。
ご興味のある方はぜひご参加ください。


おすすめのコラム