業務のためのPython勉強会#5

イベント内容

概要

プログラミングに関係のないお仕事をされている方々が、日頃のお仕事をPythonでどう効率化できるか?また、Pythonを使ったデータ解析がどのように業務の役に立つか?を中心に考えていきます。Pythonの基礎から応用まで幅のあるお話をいたします。
 今回は参加者からのリクエストの多いテーマとして、「Python入門とデータ分析」に焦点を当てた勉強会です。

日時: 2015年10月14日(水)
   受付:18:30〜19:00
   勉強会:19:00〜21:00
   懇親会:21:00〜22:00

会費: 1,000円(懇親会費込み)

持ち物:
 ・PC (Pythonインストール済みが望ましい)
 ・名刺(受付の際に1枚、ご提供ください)

対象者:
 ・Pythonに関心のある方
 ・プログラミングに関心のある方

場所:
  株式会社クリーク・アンド・リバー社 2F レインボーホール
  〒100-8111 東京都千代田区麹町2丁目10−9 C&Rグループビル
  http://bit.ly/1F3nJ32 

参考文献:
・辻真吾、「Pythonスタートブック」、技術評論社(2010)
・Wes McKinney、「Pythonによるデータ分析入門」、オライリー・ジャパン(2013)

協賛: リーディング・エッジ社


勉強会プログラム

オリエンテーション

これまでの勉強会の内容をおさらいし、今回の勉強会の内容を紹介します。

Talk 1: 「ゼロから始めた私のPython勉強録」 緑川京太(リーディング・エッジ)

プログラミングとは無縁の世界にいた私が、pythonを勉強し始めて3ヶ月。初心者なりに気づいたことや苦労したことなど、自身の勉強記録をお話します。

Talk 2: 「pandasを使いたおす」 辻真吾氏(東京大学)

PyDataの中心的な存在であるpandasですが、機能がありすぎて何から手を付けていいのか、わからない方もいるかもしれません。そこで、出来るだけ多くの方々が、pandasへのきっかけを掴めるように、様々な角度からpandasの機能を紹介します。

Talk 3: 「ソーシャルリスニングシステム新潮流とPythonによる実行例」
 エルマー・ジュリアン・ブローディー(エコノミックインデックス・代表取締役)
 戸嶋龍哉(エコノミックインデックス・シニアエンジニア)

単なる情報収集&加工ではなく、顧客のKPIとの関連性を明らかにするソーシャルリスニングシステムの新潮流について、トップランナーのベンチャー企業「エコノミックインデックス」の専門家が、システム処理のプロセス(データ収集⇒ストレージ⇒分類⇒モデリング⇒出力)の概要と、分類器(SVM:サポートベクターマシン)のロジックおよびPythonによる実行例について説明します。


懇親会(ビアバッシュ)

会場にてビアバッシュ。
LT(ライトニングトーク)のネタがある方はぜひどうぞ。

アンケート

アンケートのご協力をお願いします。
http://bit.ly/1LLwYir

注意事項

※ こちらのイベント情報は、外部サイトから取得した情報を掲載しています。
※ 掲載タイミングや更新頻度によっては、情報提供元ページの内容と差異が発生しますので予めご了承ください。
※ 最新情報の確認や参加申込手続き、イベントに関するお問い合わせ等は情報提供元ページにてお願いします。

類似しているイベント