TOP

01東京:ユーザー視点のUIデザインへのヒント「街中のサイン表示」

01東京:ユーザー視点のUIデザインへのヒント「街中のサイン表示」

参加枠申込種別参加費定員
当日払い受講
先着順 4,000円
当日現金支払い
3人 / 定員6人

イベント内容

なぜ?自分が作るWEBサイトが、分かりにくいのか?が、
手に取るようにわかる2時間です。

概要

街中にある誘導表示やサイン計画、施設内の誘導導線に着目し、使う立場で感じる様々な疑問や不満から、Webサイトにも必要なユーザー視点にたった使いやすさ・わかりやすさのポイントを再認識できます。
なぜ?自分が作るWEBサイトが、分かりにくいのか?が、手に取るようにわかる2時間です。
頭では分かっているけど、ユーザビリティについて本当のところどうして「そうなの?!」をもっと知りたい方なら、WEBの専門知識がなくても楽しく理解できます。

講義内容

【1】マスメディアとWEBデザインの違い
【2】東京スカイツリーのサイン表示から「わかりにくい」を体感しよう
【3】動線と導線の違い
【4】伝わる機能とデザイン
【5】わかりやすいWEBデザインとは?
【6】すべての人がすべての情報をくまなく見ることはない!
【7】知りたくなる度合いが大切

Alt text

Alt text

※ 当日予告なく時間配分・内容が変更になる可能性がございます。

登壇者

Alt text

電通アイソバー株式会社/合資会社コンティニュ・ジェーピー
シニア・インフォメーションアーキテクチャ/情報デザインストラテジスト

だから、そのデザインはダメなんだ。WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる
著者(エムディエヌコーポレーション刊)
Alt text

1989年にグラフィックデザイナーとして独立。
1995年に大手電機メーカー系のWebサイト制作を多数手がける中、Adobe Flashのクリエーターとしても活躍後、
2001年、電通グループ 株式会社デジタルパレット(現電通アイソバー株式会社)の設立時より現在に至るまで、
独自のデザイン理論とユーザー視点の構造設計・情報デザインで、
大手企業のWebサイト構築やリニューアルプロジェクトの中心メンバーとして多数参画。

こんな方におすすめ

Web制作初心者だけでなく、本当にユーザーの役に立つWEBデザインを修得したい実務経験者にも最適です。

  • UIデザインに関わっている人(ディレクター、デザイナー、広報担当など)
  • もっと効率的で評価されるUIデザインを勉強したい方
  • WEBサイトやUIデザインについて役立つ情報がほしい方

など、WEBがわからない人には特におすすめです。

注意事項

※ この講座は別サイト(Peatix,Doorkeeper,connpass,ストアカ)でも同時募集しています。募集の最大定員は12名です。
※ リクルーティング、勧誘など、採用目的でのイベント参加はお断りしております。
※ キャンセル待ちの方は、ご来場いただいてもご入場いただくことができませんのでご了承ください。
※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願い致します。

リクルーティング、勧誘、採用活動、人の話を聞かないなど、目的に沿わない行為につきまして、主催者が相応しくないと判断した場合は即刻退出処分とします。全員が気持ちよく過ごすことが出来るよう、ご協力をお願い致します。
本イベントは終了しました
2018/03/10(土)
13:00〜15:15
本イベントは終了しました
参加者
3人 / 定員6人
会場
エッサム神田ホール 1号館
東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2